死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

グリーフケア

幼き花神…神の子の為に泣け!!

脳腫瘍で死んだ女の子が シロツメクサの フラワークラウンと共に旅立っていった もう…涙が溢れて止まらない…… ………通夜の斎場に向かう途中、 私は河川敷に車を止め、随行秘書の女の子とタンポポのフラワークラウンを編んだ あの女の子には、どんな立派なフラ…

野辺の花 日本人の「情緒」

昨日 日本人だけが持つ異質の「情緒」に少し触れた。 この情緒をスミレの花に例えて説明したのが、変人数学者の「岡 潔」 私達も岡潔とスミレの話しを葬儀でよく引用している……… ……………月曜の超早朝に逝った女の子 色々あって、火葬場の予約が遅れ、 お母さん…

最期の食卓

「そういえば先生、あんな時間に何故居たの?」 昨日…夜中に亡くなった女の子の、葬儀の打ち合わせで、私と専務と院内学級の先生との会話。 「死んで逝く子供の最期の声を聞く為…」、先生のボランティアだそうだ 病棟を持つ病院の殆どは、中国ウイルスの院内…

もも子..宇宙を語る(中編)ムシの知らせと、以心伝心

2020年度の入社式も無事終了 今年は震災の避難所で知り合った女の子と、車いすに座りっ放しの女の子の二人。 気合いとド根性で奮闘して頂きたいものだ… ………前編で宇宙には「物理宇宙」「情報宇宙」2種類の宇宙が存在すると書いた 簡単に言えば、物理宇宙は…

幸せになれる者

人の幸せは人それぞれ。 綺麗に咲いた者は幸せなのだ 「ゴメンね… 次は子供を愛せる母さんになるからね……」 今朝、私と年長の女の子が聞いた言葉 早朝……… 彼と告別のコーヒーを飲んだ 「死ぬ時怖かったのかい?」 『母さん居たから怖くない…』 「優しい母さ…

さようなら…震災の呪怨

今日から小学生が後輩社長のホーンテッドパレスにやってくる。 昨日は 徹夜続きの私と専務は休ませて貰ったけど 子供を預ける社員が1番多い二つの遺体搬送会社の社長であるロリポップ常務が後輩社長宅で母親達に説明会を行い お母さん顧問弁護士も立ち合っ…

墜ちた場所 墜ちた音

様々な人生があり 故に…様々な事情があり だからこそ様々な自殺の方法がある……… 私達は自殺の死体と多く関わるけど、通常とは違う手順で弔いが進む事も多い為、けっこう大変、 あまり利益が望めない場合もあるし、遺族への気遣いも半端じゃない 昨日の午前中…

宗教はね…危険なのですよ

宗教は危険 それは「火」の危険 上手く使えば世界中が幸せになる しかし…… 取り扱いを誤ると、 自分も含めて丸焼けの焼け野原………… でも、必要な危険 今日、突然死した赤ちゃんの初七日を、当斎場で施行 当然、あの変わった僧侶がやってきて、経を唱え説法を…

「人」だから……

昨日…… お父さんが午前中、暫く休む仕事の引き継ぎに会社に行っている時間…… バイトの女の子と総務局の社員が、お母さんを心療内科へ連れて行き お母さん顧問弁護士が2人の保育園に出向き、事情の詳細な説明と子供達について注意する事を聞いてきた。 やっ…

初陣!!おニャンコ小隊

昨日の深夜 今年最初の赤ちゃんの葬儀が入る 亡くなったのは5カ月の男の子 突然亡くなった… (事件性も無く、遺族が解剖を拒んだ様で死因不詳) 私が仕事を済ませ帰ろうとしていたら 営業1部長から連絡 「自宅じゃ無理だから、そっちに連れて行く」と…… とり…

我が子を授かった『証』

………死産児… 様々な理由があり…… 生きて産まれる事が出来なかった子供達 この子達は死んで産まれた後 様々な道を辿る もちろん古典2宗教や、詐欺紛いのスピリチュアル人間が説く『死後の魂の行く末』では無い 生きて産まれた子の様に手厚く葬られる子 そのま…