死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

流産

北から南 西から東

昨日は先日の赤ちゃんの通夜 暖かい最期の夜だった 通夜の早朝……… 私は、先日の死産の赤ちゃんの遺体保全の為に斎場へ入った すると… 赤ちゃん前に車いすの女の子が居て… 彼女はスフレさんの 優しく暖かい詩を 赤ちゃんに読んであげている 「何かしてあげた…

ジョン・ブルは..人前で涙を見せず

イギリス男児の心意気の表現する言葉に 「ジョン・ブル 魂」ってのがある…… ………昨日の夜… 総務局のお母さん達が出産する病院の一つから紹介された産科で「死産」があった 外国人の義父が 斎場の玄関先で男泣きに泣いている ……お母さんは日本人だけど 旦那は…

よろしく!!マリア様

我が社にも 浄土真宗の報恩講と同様、如何なる理由があろうとも…決行する式典がある 当社総務局には様々な理由で生まれて来れなかった胎児、死産児の分骨(届出済み)された遺骨がロケットペンダントで眠っている。 この子達の為の慰霊祭… この日のは、お盆前…

妊娠12週未満の問題 女の矜持にかけて……

昨日… 技術局で新しく完成した2号試験炉 (焼却炉扱い使用目的も正確に届出済)の初燃焼を執り行なう 1号試験炉(焼却炉扱い届出済)は復元施行の時に使用した様々な物が、 遺骨の白さにどんな影響を与えるのか?を確認し、改良する為に存在している 高さも…