死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

老人と子供のポルカ…

 

まだ昨日の

全身に燃え尽き感が残ってる

 

只今、運転手のおじちゃんが買って来てくれたセブンコーヒー飲みながら中距離を移動中…

 

スマニューを見ていると

「佐賀サービスエリアのストライキ」その後の記事があった。

 

 

 

これ、8月に記事に書こうと思ったけど、余りにもおバカ過ぎて書くのやめた。

 

 

このサービスエリアで起きたスト(と言うより職場放棄に近いか……)と似たケースが当社の連結した葬儀子会社でもあった。

 

 

連結前の社員説明会で、営業2部長(当時21歳のお子ちゃま)が、社長に就任する事に反対

 

自分が一番会社の事や仕事を知っていると勘違いしていたジャイアンタイプの古参社員が

「自分が社長をやる」と社員17名を同調圧力で巻き込み法的手順を踏まず、経営引き続きの日から、いきなりストを行う…

 

このチャンスを逃さず14日後(10日間は有休)に無断欠勤で全員解雇した

 

 

当社は休まれても

幾らでも総務局から必要人数がやってくる。

 

困ってる芝居は大変だったけど、頭が悪いから策にハマってくれた

 

 

 

 

佐野サービスエリアの内ゲバも似たような構造。

 

争点も、部長の解雇撤回なのか経営陣の退陣なのか、労働条件の改善なのか?

なんかハッキリしていないし……

 

 

部長の解雇が撤回された今、ストの意義が無くなって、ただの駄々っ子になった感じ…

全てが何か中途半端

 

 

 

それに休まれても代わりは幾らでも何とかなる様な職場業種でストを行うなど浅はかの極みだ

 

特に客の頻繁なリピートを期待していないサービスエリアの業務など、すぐに人が集まり、職場復帰など絶対に不可能となる

 

 

激情にかられ…感情と周囲の同調圧力だけで、計画も戦略目標も無くこの様な行動に出る…

失敗する集団の典型例だ。

 

 

この………

 

 

老人と子供のポルカの様に

 

やめてけれ ゲバゲバ

やめてけれ ストスト………

 

と、連休中に佐野サービスエリアを訪れ、閉まっている店を見て思った読者の方々もいたはず…

 


f:id:however-down:20190916104118j:image

 

公共性のある施設での労働争議

 

年末のまとめニュース番組で

老人と子供のポルカ」がBGMに使われでもしたら目も当てられない……な

 

 

 

 

専務…ジュリン

 

演奏…終わり…

 

会葬者から今まで貰った事の無いくらいの『拍手』も『歓声』も貰った

 

完全に燃え尽きた……

 

 

 

控え室に担がれて戻ると……

 


f:id:however-down:20190915215846j:image

 

 

        『から揚げ』

 

専務が……

『総裁、ご褒美だよ。食べや!』って

 

 

       どうだ!母さん!!

 

      これが…私の仲間だ!!

 

 

私の仲間だよ……母さん

私はもっともっと遠くへ行ってみせる。

 

        仲間達と伴に!!

 

 

 

命日

 

今日の『ピアノの森

ショパンのピアノ協奏曲だった

 

カイ.イチノセ レフ.シマノスキはワルシャワ交響楽団と伴に見事に演奏してみせた…

 

 

私も弾こう!!


f:id:however-down:20190915194421j:image

 

我が『銀の戦女神』の演奏と伴に………

 

ピアノ協奏曲 第1番

 

 

8年前の今日死んだ母の為に……

 

 

 

母さん!!

私の命の演奏を聴け!!

 

 

 

 

満たされない老人達…

 

私はあの襲撃事件から…ずーっと

 

早朝、時間に余裕のある時、保護者や教諭達と必ず見守りに立つ

必要なモノがあれば、周りの学校にも寄付している。

 

 

社会に潜む岩崎や青葉の様な、駆除されていないジャンクに子供達が殺されるなど見たく無いから

 

 

 

この場に居ない者達がいる

町内会長をはじめ「老人」が一人も居ない。

私が嫌いな共産党支持者も来てはいない

 

 

まぁ……

少しも役に立つつもりが無い「威張るだけの終わった老人達」など不要………

 

 

 

………しかし、この様な老人達や変な団体が頑張る事がある

 

 

 

 

この老人達は認知症なのか?

 

 

ドンキの営業時間が伸びる事は

 

雇用が増えたり、従業員の収入が増えたり……

売り上げが増えて税収も増えて、社会福祉の予算が増えるかも知れない

 

あんたら零細商店街や自治会などでは、雇用や社員の給料、税収をも増やす事など出来ないんだよ

 

 

この利益享受を失う事になる。

 

 

カジノも同じ事。

どれだけの雇用が生まれて、カジノだけではない周りの店や街にもお金が落ちる。

オマケに法人税がガッポリはいり、地域社会に恩恵をもたらす。

 

IRに反対している共産党は、税金や支持者のなけなしの給料から取った寄付を無駄遣いするだけ……

 

共産党員は自ら雇用を生み出す事など出来ないんだよ

 

 

場外馬券場のある所は、掃除のおばさんが街に出て掃除してくれて綺麗だし、土日も小さな飲食店にまで人が溢れ……

税収も増え街の為に使われる。

 

 

 

………この老人達や団体がやっている反対運動は、社会や自治体の為にクソも役に立っていない。

 

署名だって知り合いだから書いてくれただけ。

しかも書いてくれた事で「自分は有力者」と勘違いする……

 

これでは認知症と何ら変わらない。

 

 

まあ…これらの事は社会から承認されていないと思っている連中が「承認要求」を満たす為にやっている事だから仕方ないが………

 

 

彼らの反対運動の理由で

 

店の周辺は住宅街で、約300メートルの圏内に加納西小学校、陽南中学校、加納高校がある。

 住民から朝の通学時間や深夜に交通量が増えることや、深夜まで若者が店に集まることなどを心配する声が上がったため、

自治会などが営業時間を変更しないよう求める署名を集めた。

土川英昭会長(75)は「住民に不安が広がっている」と話す。

 

と会長は言っているが…

 

 

この店は多分メガドンキなるのだろう

開店時間が1時間早くなっても、来店客は1時間の運転費が赤字にならない程度の客しかこない。

 

しかも早くやってくるのは、弁当を買いにくる少人数の会社員や、自治会の暇な老人だろう。

 

この地区だって通学時間の見守りをやっているはずなのだから、

事故が起きない様にあんたらも一緒に見守りに立てよ。


f:id:however-down:20190915115831j:image

 

 

 

夜遅くに若者が集まってカネを使うのに何が悪い。

 

この若者って…まさか高校生の事か?

 

それなら深夜に出歩いてはいけないと教えるのは保護者や老人達の義務だろう!

 

 

若者なんかそれ程集まらない。

集まるのは深夜まで働いていた会社員が殆どだ。

彼らもまたこの街に住む住人達なのに……

 

彼らの利便性は無視なんだね

 

 

自治会やPTA、老人クラブなど地域の各種団体でつくる加納西まちづくり協議会の殆どはPTA以外、老人達で、モラハラで署名させたのでは?

 

 

 

その様な老害老人は

既に社会から必要とされていない

 

 

私はこの様に加齢で前頭葉が萎縮し『自分が抑えられない老人』がドンキの中でキレて…

子供達や客、従業員に怪我人が出る可能性こそ懸念すべき事ではないかと思う

 

 

PTAは老害老人から子供を守る事を考え無ければならないのではないか?

 

 

 

     時代は変わったのだ

            早く気付け

 

 

 

おかえり.. J . BOY

 

先日…

ある日本人青年が東欧から帰国

 

私達が関わるのだから当然、冷たくなってだけど……

 

私の前で

フルチンでおねんねしてる

 

 

 

リンツ近郊にある連絡所の……

留学お姉ちゃん社員に国境を越えて手続きや背景情報を調べてもらった

早い話『自殺』…って云うかちょっと違うな

 

 

 

 

自殺ってね……

私は行う事の是非はともかく、突発的な事故だって思ってる。

それに死んだ事に対してさほど可哀想とも思えないし、場合に依っては『あんた馬鹿?』って感じになる事すら稀にある。

 

しかし、私達に仕事と大金をもたらしてくれる『客』として感謝はしている……

 

それが『エタ』ってもんだ。

 

 

 

そして…飛び降り、飛び込みなど『ぐちゃぐちゃ』になった自殺死体は分からないけど

 

 

首吊りには大別して2種類の死体がある

 

頚椎が折れてる死体

折れていない死体

 

 

新しい首吊り死体で頚椎が折れたり、稀に首がちぎれた死体には無いけど……

 

折れずに扼死の場合

殆どの死体に縄の掛かった跡に爪跡がある。

これ、苦しくて縄を外そうとするから。

 

 

つまり、死ぬ直前…

苦しくて死にたく無くなったけど、縄が取れないと云う事故が起きた為に死んだって事だ

 

 

目の前で寝てる…このにーちゃんにもそれがある。

 

 

 

まだ、あるな……

 

例えば自殺未遂を繰り返した挙げ句、自殺した人

 

首吊りや電車への飛び込みは絶対にしない。

リストカットや飛び降りを選ぶ。

 

もっと高い所から飛び降りれば死ねるものを、中途半端な高さから飛び降りる。

 

彼ら彼女らの中にあるのは『自己承認要求を満たす為の…ギリギリ死なない計算』

 

そしてエスカレートし……

 

計算間違いで本当に死んでしまう

 

 

 

最近では埼玉県川口市立中でいじめを受けたと訴え、自殺未遂を3回繰り返し、死んだ子供がいたが……

彼がその様な人だったは分からないけど……

 

ひょっとしたら『事故』だったかも知れないのだ。

 

根本的な問題として『イジメ』があった様だけど、『死なさない』と云う目的を怠慢で果たせなかった大人達の責任は大きい。

 

特に『親』の責任は計り知れない。

 

 

 

何故なら

その様な子供ならは、常に目の前1メートルで昼夜問わず、トイレ中も監視しなければ危ないのは判っているはず。

 

『常に監視など出来るわけない』と云うけど、目的は絶対に死なさない事で、目を離さなければ防げた事

1番近くに存在する親こそが、子供を唯一甘えさせ、死なせない事が出来る存在なのだから

 

 

教育委員会がキッチリ対処したって、必ず自分が自殺しようとするのは、自分以外が悪いと言うのかオチだし………

 

今の地位官職に留まる事が目的だけの老害と、その部下になど事後処理しか出来るワケが無い…………

 



f:id:however-down:20190914130701j:image
      立島夕子氏 「都枝出棺」

 

 

……………このにーちゃん

 

掲げてた理想も今は遠く

守るべき誇りも見失い……

この歌詞の通りになってしまった……

 

あんたにとってヨーロッパは何だったんだ…

 

    

       応えなよ……どうなんだ…J.BOY

 

 

 

 

 

音大..藝大に進学すると云う事…父の心配、娘の晴れ姿

 

昨日…いつもいつも

北海道から美味しい食材を送ってくれる(当然、お返しはしてる)

(時間分割)契約社員の女の子の親御さんが、総務局に挨拶に来てくれた。

 

ご夫妻は私の経営本部に来た事があるが、総務局は初めて。

 

 

多分に洩れずカオスのスタンダードに驚いていた。

 

 

彼女は……

 

ピアノ

エレクトーン

ガホン

パーカッション

アコースティックギターを弾きこなし

更にポップスヴォーカルを平気でこなす……

 


f:id:however-down:20190912234106j:image

 

 

当社の数少ないコンサートマスターの1人。

某音大の卒業生

 

 

 

ご夫妻の旦那さんは、北海道で中規模の会社を経営している社長さん

 

娘が音大に進学するのは大反対だったけど、周りに押し切られてしまったそうだ。

 

 

 

音大や藝大…芸術系の大学には問題がある

それは『就職先が無い』事。

 

 

それでも造形や絵画系の学部ならまだあるけれど

音楽系は殆ど…いや、全く無い。

当然、オーケストラの入団など夢のまた夢。

 

 

元来、芸術系の大学は、昔の『徒弟制度』に近く、芸を覚えたら師匠の元を離れて独立…

個人事業主』になるって事になる。

 

だから音大藝大などに進学する事は、就職浪人する事、一生正社員にはなれないかも知れない事を覚悟の上で進学しなければならなず

 

    芸で食べていくのは不可能に近い

 

 

現実はアニメの世界とは違うからね

 

 

この女の子契約社員のお父さんは、

就職先が見つからなければ自分の会社で働かせるつもりだったけど、周りの目もあり……

どうなるのか心配していて

 

 

娘が好きなピアノや音楽で自立出来たのが嬉しいのと、

ずーっと今の場所(総務局)に居続ける事が出来る様にって意味合いで、様々なモノを送ってくれている………

 

気が気じゃあないのだ……

 

 

 

…………昨日は彼女のピアノ演奏と、通夜後のアコースティックギターでの弾き語りがあって、専務がお父さんに声を掛けてやってきた

 

 

 

両親にとって初めて見る娘の晴れ姿……

 

彼女は葬式ではあるけれど、270人殆どの前で歌い……会葬者の涙を誘う。

 

 

お父さんは、

式場の後ろから感無量って顔で見てる

通夜ミニコンサート最後の曲…蛍の光でとうとう泣きじゃくってしまった

 

 

式場を娘と後にする時……

『どうかこれからも娘を宜しくお願い致します』

私と専務に深々と頭を下げ…照れくさそうにしている娘の3人で帰って行った。

 

 

彼女は可愛い娘から…

     お父さんの自慢の娘になった

 

 

 

季節は初秋……

初秋の北海道の味覚と云えば『シシャモ』

 

お父さん…

総務局だけでなく子会社全部が期待してるよ樺太シシャモじゃない、本当のシシャモ……

 

 

           これから総務局では各地の秋で溢れる……

 

 

専務のお弁当と、小っちゃな手紙

 

 

ロリポップ常務が

最近入ったバイト女子達1グループの陰口……

 

『総裁が凄いケチ』とは何だ!!

 

 

と真っ赤になって怒ってくれたそうだ。

 

 

 

私がケチと言われるゆえんは

 

『私が専務のお弁当や晩ごはんばかり食べて、社員を高級店に連れて行ってくれ無い』

からだそうで………

 

 

確かに私は最近連れて行って無い。

 

 

私はノエルちゃんと何時も一緒に居たいし…

 

……専務は休みの日以外、

早起きをして私達や社員の為…

 

検診の結果をもとに管理栄養士と相談して、それぞれの体調を気遣ったおかずを、数十人分も作ってくれる。

ノエルちゃんのおかずも一緒に……

 

 

彼女は運転手のおじちゃんの奥さんに習いながら一生懸命……少しでも美味しくと

 

いつもホカホカのランチジャーで……

 

 

 

私は本当に美味しい専務のお弁当が大好き

 

 

 

このお弁当には時々、小っちゃな手紙が入ってる。

 

お子ちゃま達が書いてくれた手紙。

 

 

 

『このタコさん(ウィンナー)私が作ったんだよ(^^)v』

 

『梅干しは私が入れたよ(^^)/』

 

『喧嘩しないでヾ(^^ )』

 

 

『ももネー大好き(*^^*)頑張って』…………

 

 

 

運転手のおじちゃんにも

 

『今日の晩ごはんは冷や奴だから安全運転で局に帰ってきてね!』

 

 

 

随行秘書の女の子には

 

『ももネーとおじちゃん、何食べたいか聞いて!』とメモが入っていたりで

秘書の女の子は自分は、皆にあてにされていて必要な存在だと気付き……

 

 

 

運転手のおじちゃんは

    嬉しくて時々…涙ぐむ

 

 

私もジーンと来る………

 

 

そんな専務と子供達の愛情いっぱいのお弁当は

 


f:id:however-down:20190912004642j:image

 

 

    私にひと時の安らぎを与えてくれる

 

 

それは兵士が後方で過ごす一時と似て…

 

安らぎは…

この子供達と専務を守ろうとする気力と闘志を湧かせてくれる

 

 

 

西条 八十の詩に

戦いやみて月出でぬ
敵ははるかに退きぬ
露は優しく秋草に鮮血の夢、いまいづこ

 

今日1日の前線を
無言に守り導きし、
名誉ある軍旗、
厳かに組まれし銃に憩うなり

 

 

既に、私達が血を流して牙を剥いて戦ったフィールドに敵は存在はしない……

 

 

無言に守り導きし、

名誉ある軍旗……厳かに組まれし銃に憩うなり

 

 

これは

私が今ここに立つ為に自ら殺した…

そう、ラスコーリニコフが殺した老婆の墓標…

 

 

でも……得たものは

限りなく透き通った数多くの心

 

 

それを守る為『歩哨』に立ち続けるのだ

 

       これからもずーっと……

 

 

              …………魔道の先