死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

ドミニクアンセルベーカリーと座敷童子と…血まみれ牝ライオン

 

昨日の夜……

総務子会社から

 

 

お子ちゃまが総裁と一緒にお菓子食べるってずーっと待ってる

本部に回送の霊柩車を迎えに行かせたので…

直ぐ来て、直ぐ!Σ(・ω・ノ)ノ

 

 

……と、深夜バイトの女の子から電話1本で呼ばれた

 

 

皆さんはドミニクアンセルベーカリーはご存知だと思いますが、



f:id:however-down:20190119095316j:image

かなり前にロリポップ常務とラボ長が抜け駆けして食べやがったけれど、

私と後輩社長は保安の問題で行った事も無く食べた事もない。


f:id:however-down:20190119095333j:image

 

昨日、ウチのバイトちゃんが、皆にわざわざ並んで買って来てくれた…

 

 

 

……お母さん社員が通夜の演奏で留守番をしていた幼稚園の女の子がどうしても…

 

モモねーちゃんと一緒に食べる……!

って食べないで待っている…

 

 

なので……ホントは行く予定がなかったけれど、

目の前で寝てる、浴槽の中で死んでヌルヌルのばーちゃんを放置して霊柩車で総務子会社へ行ったわけで…

 

 

 

ちゃぶ台の前に座って…

女の子が待ち疲れて寝てる……

 

そっと起こして『ひなちゃん、ただいま』って言うと、かなり待っていたみたいで

 

 

抱き付かれて…泣かれてしまった……

 

 

 

   自分を待っていてくれる人……

       貴方にはいますか……?

 

 

 

 

 

横に並んで……

 

f:id:however-down:20190119101309j:image

 

          一緒に食べた………

 


f:id:however-down:20190119101340j:image

 

 

『美味しいね!ひなちゃん』

 

『うん!』

 

食べ終わると……

疲れたのか…抱っこでお子ちゃま寝ちゃった

 

 

 

演奏部隊と1部長が戻ってきた……

 

お母さん社員にお子ちゃまをそっと渡し……

 

 

 

私はあの子から沢山の愛情をもらい…

 

…私は死人のもとへ帰る。

 

 

また立って

  

傷つき…皮破れ…血吹いても一人で歩くんだ

      自ら選んだ修羅の白道を…

 

     この子達の為に…自分の為に…

 

 

『子連れ出勤とテレワーク』は放置子とシングルマザーの貧困化を防ぐ

 

どんと焼きに子供達を連れて行った次の日…

 

 毎年…かなり早いけれど


f:id:however-down:20190115163645j:image

        

       『雛人形を飾る。

 

 

一時はクリスマスツリーと鏡餅雛人形が同時にお目見えしたけど異常なくらいエントロピーが増大したので、

近年ではクリスマスツリーを片づけて鏡開きをやってから雛人形を出している。

 

三月になれば雛人形五月人形が同居して…

これもまたエントロピーが増大する。

 


f:id:however-down:20190117212911j:image

 

迷信や言い伝えや神や仏を否定し

都合良く商売に利用する私達や総務直轄子会社が、日本の慣わしや、年中行事をほぼ忠実に行うのは

 

『社員の子供達』を会社組織の一員として内包しているからだ。

 

子連れ出勤をやっている会社はまだまだ少ない

 

 

 

宮腰光寛少子化担当大臣が子連れ出勤についての発言が話題になっている様だ

 

 

朝日新聞によると、子連れ出勤に取り組む会社を視察した宮腰大臣は

「赤ちゃんはお母さんと一緒にいるのが何より大切だ。

この取り組みがモデルとして全国に広まってほしい。

人手不足のなかで、子どもを産み育てやすい環境を作っていくことは企業としても重要

と話したという。

 

でも、当然様々な反対意見がある様で……

 

「母親にとって選択肢が増えるのはいいこと」

「私なら絶対やりたくない 仕事にならない」

「満員電車に乗せられない」

在宅ワークを推進してほしい」

「職場は『子どもから離れて一人になれる時間』でもある」

……など賛否両論が飛び交っている。

 

など……

子連れ出勤は…普通の形態の会社ではかなり難しい……

 

 

 

では、何故ウチの総務子会社が実行可能なのか?

 

まず……

ほぼフレックスタイム制に近いから満員電車に乗らずに済む。

子供達全員を交代で車で迎えに行ったり、子会社の近くに幼稚園バスが止まったりしてくれている。

子供が急に病気になった時、母親以外の人が病院に連れて行ったり、病気の子供と子会社内に家族全員がお泊まりできる部屋がある。

誰かかれかが子供達と面白可笑しく遊んでいる

 

自分の子供だけでは無く、全員の子供達の面倒を、社員全員がみる。

 

 

  そして……

    母親と子供を絶対に孤独にさせない

 

 

 

これだけでは無いけれど、

 

私なら絶対やりたくない 仕事にならない

職場は『子どもから離れて一人になれる時間』でもある……

 

何故かワンオペ育児になっている母親なら至極当然な意見だけど

『子供達を社会全体で育てる』って事が当たり前の状況になってないっていない事を暗に言っている

 

もし普通の会社で子連れ出勤が認められても…

まぁ、地域柄もあるけれど、熊本の子連れで議会に出席したお母さん議員と同じ目にあうだろうし、

 

まだまだ男尊女卑の世の中、私が子連れ出勤にいちゃもん付けたオヤジを電話1本でクビにできるワケでもないから…

 

それに……

ウチの子会社もだけど、母親が子育てする事を前提に子連れ出勤を考えているのは少々面白くないが…しかし

 

……やっと子連れ出勤が社会に知られたって事は少しだけど進歩したって事

 

 

それに……

『テレワーク』『子連れ出勤』は世帯収入を増やし、更にはシングルマザーの貧困化を防ぐ

 

貧困問題が改善されれば社会保障費の削減や景気が浮揚するかも知れないのだ。

 

 

保育所の不足問題も…放置子

 

母親の鬱や子供の虐待も防ぐ事が出来るかも知れない

 

子供が病気になった時には如何するか?など……

まだまだ考えなければならないが、

政府には是非とも制度化を進めて頂きたい。

 

 

 

「やまと」は沈まずに潰れた。だれ一人やまとを『愛』していない

 

 

昨日は創業者がどんな事を考えて会社を作ったのかを前澤氏の1億円をダシにして書いた。

 

however-down.hatenablog.com

 

なんにも判らないヤツが5年後にはなくなっているとか……

前澤氏に妬みと願望を込めて言ってるけど

 

前澤氏の会社は人を変え、業態を変えるから…まだまだ潰れたりしない。

 

 

 

唐様で貸し家と書く三代目

長者三代続かず


f:id:however-down:20190117005937j:image

 

とか言うけれど…これは正しい


f:id:however-down:20190116211215j:image

※中小企業の経営ノウハウ情報局よりお借りしました。

 

本当に2代目3代目で倒産している。

 

これ……はっきり言って

 『油断と錯覚』で潰している

 

 

 


山梨県のスーパー「やまと」をご存知だろうか?(上の画像)

 

100年以上続いたスーパーだけど3代目で潰れてしまった。

 

父親である先代社長の時に経営不振みたいだったのを3代目社長が回復させ、年間売上高は約64億円に達したけれど、

結局、倒産してしまった。

 

 

 

小林久氏は社長就任時は経営者だった。

 

  そして……

     慈善事業者になってしまった…

 

 

業界でも先んじて移動販売車を走らせて買物難民を救い、

レジ袋の有料化を推進し

生ゴミの堆肥化に取り組み

ホームレスを雇用し

地元の要請に応えてシャッター通りとなった中心商店街へあえて出店するなど

数々の斬新な取り組みで地域に貢献し、地元から愛された……

 

その商売のあり方は、競合他社の多くがうたう"地域密着"というありきたりな表現では言い尽くせないほど生活者本位であり、まさに"地域土着"ともいうべきものでした。

三代目となる筆者は、やまとの経営を合理化し、さまざまな地域貢献活動を行い、また若くして山梨県の教育委員長を務めるなど、弱きを助け強きをくじく 「やまとマン」 という愛称で、多くの地域住民から愛される存在でした。

 

愛されるスーパー…愛される「やまとマン」…こんな人の店が大型店が出店したくらいで、何故潰れるの?

 

簡単な事だよ

まず……

だれ一人、やまとを『愛』していなかったって事。

大型店が出来たらそっちに行ったっきり帰ってこない。

都合良く利用していただけって事。

買い物難民だけしか行ってなかったってワケ

 

 

 

それと、合理化などで店が好調になった途端、ホームレスを雇用するなど人件費を増やしたり、

慈善者で人格者だと錯覚してしまったからだ。

 

移動販売車を走らせて買物難民を救い、

レジ袋の有料化を推進し

生ゴミの堆肥化に取り組み

ホームレスを雇用し

地元の要請に応えてシャッター通りとなった中心商店街へあえて出店

普通は合理化したなら人など雇わない。

 

 

どうせ何だかんだと煽てられ、正義感をくすぐられたのだろうけど………

私はスーパーの経営者では無いけど、これは直感的に必ず赤字が発生するのか判る。

 

有効な戦略もなく、不採算って事が分かっているのに地元の要請に応えてシャッター通りとなった中心商店街へあえて出店……そして赤字

 

   慈善事業者ならそれでもよいけれど

      これは商人としては失格だ

 

 

 

それに経営者なら大型店の出店を予測して、何年も前から具体的な対策を立てて実行している。

 

それは自分や社員やお客さんの為ではない。

債権者の為だ。

 

 

今回の負債総額は約16億6900万円で、全ての債権者がお金を全て回収など出来ない。

債権者の中に倒産や自殺者がでたら如何するの?

 

債権者に単行本の印税収入だけては借金は返せないよ

 

 

全てに置いて、考え方が甘いと言うより、無計画過ぎる

これだから100年も続いた店を潰したのだ。

 

 

周りの無責任な人間は

経営者や金持ちに正義や判官びいきを要求する。

やまとの小林氏はまんまと要求に応えさせらた。

地域住民は、小林氏が地域の要望を聞いて作ったものやインフラを使用せず…買わず…

結局見捨てて「やまと」を倒産に追い込んだ。

 

でもね……1番悪いのは小林氏。

彼が錯覚などしないで、きちんと『経営』さえすれば倒産などなかったはず

 

ここが前澤氏と小林氏の経営者としての器の違いなのだ。

 

 

経営が上手く行かない、内部留保が不足で資金が足りない経営者さん……

 

貴方はホントに『経営』をしていますか?

 

 

小林氏には最後まで債権者への責任と、小林氏の第二の人生が良きものになって欲しいと心から願っている。

 

彼に救われたホームレスは確かにいるのだから…

 

 

敢えて言う。「1億円お年玉」前澤社長の批判的意見に思う事

 

    『1億円お年玉』の前澤友作社長……


f:id:however-down:20190116005647j:image

 

私はお金を持っている事が大好きだから絶対にやらないな

 

 

色々なワイドショーやSNSで賛否両論というより

 

自社の非正社員などに分ければ?とか、下品なお金の使い方とか、成金趣味とか……

オマケにオカルト江原啓之氏までが偉そうに否定的意見を述べている

 

 

私は……なんかね

      

    『負け犬の遠吠え』にしか感じない

 

 

まず……経営者は社員を雇う為に会社を始めたわけでは無いし、雇った社員を幸せにする為にでも無い。社会貢献の為でもない。

自分の生活の為に、自分の幸せの為に会社を始める

 

 

社員は、成りたい幸せな自分に

自らが勝手になるもの。

どんな事が幸せなのか、何を選択するのは人それぞれで自由だからね

 

 

 

社員の全てが善人では無いように…

会社や社長に貢献していない様に…

経営者も社員に対して契約以外に果たすモノなどない

 

 

ここら辺が分かっていない人が沢山いる……

 

 

 

生活するには『利潤の追求』をするわけで、

 

あらゆる経営者は、今の利益を自分一人で出せるなら絶対に社員など雇わない。

利益が減るから。

 

でもそれが無理な場合、必要最低限の使用人を雇い入れ、仕事の質や内容に応じた給料を支払い…税金を支払う。

これがスタンダードだね。

 

 

 

 

前澤氏も同じ、仕事の内容に応じた雇用体系をとり契約通りに給料を支払っていて、

なんかに書いてあった様な非正社員から搾取などしてなどいない。

 

 

そうやって自分で稼いだお金を自分がどう使おうと自由。

 

100万円をもらったのが自社の非正社員では無いだけで、他の会社の非正社員がもらって幸せな気分になったかも知れない

 

自社の非正社員へと言うなら、他社の非正社員だって幸せの権利はある……

 

貰った人は社会人貢献の為にとは言っていた人達だけど、実際は分からない。

 

どのみち様々な消費で1億円のお金が素早く世の中で動いて…

お金が回ってきた来た人を幸せに出来たのは事実だ。

それで前澤氏が成金趣味でいい気になっても、大勢を幸せにした対価を得ただけだから何も問題など無い

 

 

批判を言うのは自由だけど、それらの何人が前澤氏が世間一般に撒いた幸せと同じ事が出来ると言うのだろうか………

 

批判だけなら子供でも出来てしまう。

 

 

彼は社会的にも迷惑は掛けていない。

 

以下の記事をお読み頂きたい

 

 

ブロガーの山本一郎氏が解説する。

内閣府の試算をもとに計算すると、世帯の総収入が890万~920万円を超えるまでは『受益超過』となります。

所得がそれ以下の世帯はいわば『社会のお荷物』です。表現は過激かもしれませんが、これは日本社会の素晴らしさでもあります。

なぜなら所得が低く『担税力』のない人にも、市民サービスを平等に提供するという合意の表れだからです。

ただし、そうした美しき日本社会は、近い将来、経済・財政的に破綻する恐れがあります」

 

林修氏の番組でも紹介されたけど…

世帯の総収入が890万~920万円を超えるまでは社会のお荷物と言っている。

 

この論では世帯の大多数がお荷物ということになってしまう

 

『担税力』のない人にも、市民サービスを平等に提供する為に、義務とはいえ、私や前澤氏は何人分肩代わりをしているのだろうか……

 

前澤氏を批判する人間の中に『担税力』の無い人は当然居ないのだろうね

 

 

金持ちは社会的奉仕を行うべき、海外ではもっと出して当たり前とか言うけれど、

既に充分義務を果たしているよ。

(脱税でもしていれば別だけど)

 

 

それに……一人あたり100万円の一時所得だから、その分課税されて社会還元されるんだよ。

 

更にこんなのにもケチをつけたり……

 

色々、言っているヤツは心臓病の人達に何かやってあげているの?

クラウドファンディング基金を作るとか。

何か行動するのかい?

 

 

まぁ、前澤氏はおもいっキリ公人だから何を言われても仕方ない立場とは思うけど

言ってる側は、負け犬の遠吠えみたいでかっこ悪いと私は思えてならない……

 

 

 

 

女に自己犠牲を求める…これが今の日本なんだよ

 

 

ウチの総務子会社には顧問契約をしている弁護士事務所から出向で来ている女の子弁護士ちゃんがいる。

 

当社の弁護士使用頻度が高いのと、

彼女は妊婦さんで弁護士事務所よりウチの総務子会社の方が遥かに過ごしやすい

 

そして、当社と弁護士事務所と彼女の三者で相互利益関係が成り立つから。

 

彼女も臨月で……お腹もボンボン

 

 

一昨日は休日だけど友引前で通夜がない。

なので夕方前から……

弁護士事務所の人事担当者と彼女と旦那さんと子会社社長の専務とで、彼女の産休と育児休暇について話しをしたそうだ。

 

 

 

旦那の母親と一緒だと気を遣うし、だからと言って実家の母親を呼んだり、先に入院だと角が立つ

でも家に一人だと産気付いた時不安なので、陣痛まで子会社で過ごして、生まれてからその先を考えるそうだ。

 

子会社で陣痛になるのはこれで2人目…(o_ _)o

 

 

旦那さんも子会社でお昼のお弁当や晩ごはんを奥さんと食べて帰るので、妊婦ちゃんの体の負担も少い

 

 

ただ、問題なのは旦那さんの会社では男の社員が育児休暇を取りづらい環境だという事。

せいぜい休んでも1週間くらいで……

 

弁護士ちゃんが休んで一人で子育てするって事になる。

 

まぁ、ベンチャー企業にそんなもん端っから期待もしてないけど…結局、会社ぐるみで女に依存するのと何ら変わらない。

 

 

 

彼女は弁護士事務所で働いているからそんな事は無いけど、

 

他の会社で働いている人の場合……さらに

……子供が病気になったら旦那ではなく、女が頻繁に会社を休む……

 

で、更に2人目が出来て会社を辞めざるをえなくなる

コレが日本では当たり前の事とされている。

 

 

 

どれだけの人が分かっているのだろうか…

特に男より女。

男の収入や生活能力に頼って生きる事の意味をどれだけ分かっているのだろうか……

 

これが貧困家庭への小さな小さな第一歩だと言う事を……

今の男の殆どは長期間一人で家庭など支える力なんて無いんだよ


f:id:however-down:20190114223942j:image

 

その時、あなたは子育てしながら働けるの?

 

  女に自己犠牲を求める……

      これが今の日本なんだよ

 

 

女の幸せは…結婚して幸せな家庭を築く事…とか思っている人へ

 

 

さっきこんなまとめ記事を見つけた。

 

 

女医より稼げない、医者でもない、社会に意味の無い男達が立てて、書き込みしてるスレだから真偽の程は分からないが……

いや…まぁ確率は大体あっているか

 

 

ただ、ホントに結婚したい女医が結婚出来なくて子供も産めない確率は、多分5%以下だ。

 

 

何故なら、社会的な地位や権力、世間一般より遥かに高い収入になると、結婚などどうでも良くなるし、男に求めるモノも違ってくる。

 

 

 

子供も、欲しくなったらデザイナーベビーシングルマザーで全く構わなくなる。

あの暖かい家庭が大好きな専務も、私もそうだ………

 

 

それに、女医はお金があるからね……夜遅くまで託児所で子供を見てもらえるから、あまり困らない。

 

つまり、このスレッドは女医より稼げない劣等感の塊で負け犬が書いているってワケ。

 

 

 

この様なスレがあがるのは、男にせよ女にせよ、医者にせよ会社員にせよ

 

『女の幸せは結婚して幸せな家庭を築く事』

って考え方が未だにあるから

これは男が作って女が受け入れた。

 

でも、縄文時代から続くこの考え方は既に成り立たない。

 

この考え方を壊したのは…

作った張本人である『男』だ。

 

何故ならいままで社会を動かし、今も動かしているのは男だからだ。

給料を安くと決めたのも男。

非正社員としか雇わないと決めたのも男。

パワハラやら長時間労働や何やらで鬱病とかで軟弱で……働けなくなる男までいる。

 

また、そんなのと『好きだから』と一緒になる女もいて……

結局、貧困となり不幸せな家庭を築くってワケ。

 

    

昔からの『家庭とは』の考え方は完全に崩れてしまった


f:id:however-down:20190114112358j:image

 

なのに

…男も女も政府も分かっている筈なのに知らないふり。

女は旦那に家庭での『内助の功』を……とでも思っているのか?

 

まだ、そんな事を言っているヤツ

あんたには妻の内助の功を受ける価値なんかないよ。

 

           世も末だ…

 

被害者の山口真帆さんに防犯ベルで対策を済ますドケチな運営者達

 

前にも書いたけど私達の会社は急に大きくなった。

 

その過程で私達役員10人の女の子(特に私、後輩社長、専務、常務の4人)は、仲間の会社など友好関係の会社も多いけれど、

反面やり過ぎで強烈な恨みを持っている周りの同業他社や関係各社は多い

 

車で異動中にバイクに乗った2人組にフロントガラスを割られたり

徒歩異動中に囲まれそうになって催涙グレネードを使って脱出したり……


f:id:however-down:20190113110741j:image

 

それでも『大丈夫』って言って一緒に乗ってくれる秘書の女の子、運転手のおじちゃん、大好きって言ってくれる子供達、にゃんこのノエルちゃん、そして自分の為………

 

私達4人の連絡役員車はわざわざ許可申請して窓ガラスが厚く開かない。ドア、ルーフも厚い。

 

心配してくれる人の為に怪我や命を失う様な危険な事、甘っちょろい事、そして……

お母さん社員や子供達が危険になる事をやってはいけない。

 

 

アイドルグループの山口真帆氏の暴行被害が騒がれているけど……

 

NGTの運営会社であるAKSは10日、公式サイトで見解を発表した。

「ご迷惑をおかけしております」と謝罪し、事件の経緯を説明。

再発防止に向け、「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底する」としている。

 

防犯ベル……なんだそりゃ………??

 

新潟だからか?これが対策になるとは恐れ入ったね……

 

 

東北だから周りの目を気にしたり、恐れて対応対策も目立たない様にか!??

これでは……カギの使いと何ら変わらない。

 

巡回していない時に何かあったらなんと言うのだろう。

 

 

    それにこの運営責任者のおじさん…


f:id:however-down:20190113103738j:image

 

      この人、危機管理能力ないよ。

 実際に管理の甘さから事件が起きたからね

 

顔を見れば判るって…

そんな顔してるでしょ?

見た目と能力は殆ど比例するんだよ。

 

こんなのが威張っている様では、もっと大変な事が起きる。

 

彼女たちの安全確保もせずに

    『ドンドン金を稼げ!!』ってか?

 

       図々しいにも程がある。

 

無能力者の証明も出来たのだからさっさとクビにした方が良いね

 

早く手を打たないと模倣する変態が出る

 

 

 

でもね……彼女たちも自分の身は自分で守る気概がなきゃね……

私は自己防衛をやっているよ。

 

私は私だけのものではないから……

皆さんも自分一人のものでは無いのですよ。

 

 

  貴方に何かあったら……

    と心配している人がいるはずだよね

 

誰かがなんとかしてくれる、それが当たり前なんで思っていたら、自分が被害者になる…

 

  自己防衛は女が一人で立つ最初の一歩だ。