死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

人が人に伝え残す最後の言葉

 

………異人と人と…

 

「私と隣のニャンコとワンコ達の部屋に行こうか?ヾ(^^ )」

 

                        『うん……… 』

 

通夜が終わり…

通夜振る舞いの時、つまらなさそうにしていた故人の女の子のお孫さん(中学校2年生)を誘いニャンコ達が居る部屋へやって来た

 

第二ラボ………

先日、彼女のお婆ちゃんが老衰で亡くなり

「焼香って如何するのですか?」って私に聞いてきたのが彼女。

 

当該葬儀での焼香の作法を教え、今から一緒にお婆ちゃんに焼香しようか?

私が横で焼香していると、他の遺族と親族が覗いてる。ふと枕飾りの横で冷たくなっている婆ちゃんがシワシワの顔して微笑みながら正座していた (*^_^*)

 

通夜が始まり…導師が香炉の中でZの形に組まれた線香の束に抹香を乗せ、天井まで煙が立ち上る。

 

葬儀は順調に進み

私は「焼香台」を回し始めた

 

今日は久しぶりの「回し焼香」。最前列の彼女の順番が回って来た時、彼女の横から手が見える。

そのシワシワの手は優しく彼女の手を取り一緒に抹香を香炉の中に移し、


f:id:however-down:20220625102208j:image

 

手を合わせ合掌する彼女の手を優しく包み込み、彼女から大粒の波がこぼれ、顔を上げると同時にそれは私に会釈をし、ふっと消えて行った………

 

 

………隣の部屋、無造作に座布団を敷いて座る。百恵ちゃんと淳子ちゃんの子供達が集まってくる

彼女はニャンコを腕に抱き膝を抱えながら、ゆっくり猫を吸う

二人はしばらく口を開かなかった

 

杏奈ちゃんがお菓子を廊下まで持って来てくれ、アレクちゃんが私達の所へくれた。

彼女はクスッと笑う

 

「焼香…上手くいって良かったね」

『うん』

「暖かかったね」

『泣いちゃった……』

 

「お婆ちゃん…最期に何か言った…?」

『ありがとう…ね』が最期の言葉だった

 

優しいお婆ちゃんだった

 

そう言って彼女は膝を抱え泣き出し動かなくなった。

 

私はあの手の事を聞こうと思ったけど口をつぐんだ。見覚えのある痩せてシワシワの手は彼女には見えていない

 

聞くべき時は今じゃない

話すべき時は今じゃない

 

お婆ちゃんが私に託した彼女への言葉があっても今の彼女には届きはしない

そして…泣きながら膝に顔をうずめ動かない彼女に掛けてあげるべき何かを私は持っていない

 

だからせめて、私は彼女が顔を上げるまでそこで待つことにした

ニャンコ達は彼女の近くに集まって思い思いくつろぎ始めている

 

私は畳の上にゴロンと大の字に寝そべり一度目を閉じる

 

     すると私の手を誰かが包みこむ

   「分かったよ、ちゃんと伝えるねヾ(^^ )」

 

目を開けるとシワシワの微笑みを浮かべたお婆ちゃんがゆっくり消えて行った……(#^_^#)

 

          …………桃子の日誌…

 

ある兵隊さんのはなし

 

昨日はお休み

久しぶりにゆったりと時間が流れ

私の家の動物家族は全員私の座っているソファの上でゴロゴロ。

ニャンコの昌子ちゃんとワンコの大吉ちゃんはアレクちゃんで暖をとりノエちゃんは私の懐の中でブロロロロ~ってくつろいでる

 

 

平凡な昼下がり

平和ってホントに良いとつくづく思う……

 

 

……………今から77年前、

一人の若者が復員船で南方から帰還した。

 

彼は擲弾筒兵で右足の膝下、右手の指の2本が無い。顔の右側にケロイド様の傷と右眼の視力は殆ど無い。

戦闘中にアメリカ軍の迫撃砲の至近弾にやられたから。


f:id:however-down:20220624083907j:image

 

部隊が壕を移動する時、最期の処置の薬を渡されたけど、逝くのが恐くて躊躇していたら、米軍に発見されそのまま捕虜になる

 

日本に戻り……

妻子と再開し無事な復員を喜んだけど、世の中そんなに甘くない。彼は体か欠損していて顔の見た目を徹底的に差別され、一人生きて帰ってきた事を攻められ………

 

妻や子息にも先立たれ

齢90を超え亡くなるまで世間の理不尽を恨んでこの世をさる

 

 

…………約70年後「このお身体の欠損部位と、遺影、完全に直せます、どう致しますか?」とお孫さんに後輩社長が言う。

 

      「是非、お願いします」

 

この兵隊さんはピカピカになって虹の橋を渡って行った

 

イジメだのなんだの

世間でゴチャゴチャ言われているけれど、この時代の人々が一番残酷だって思うんだよね

国や国民の為に戦い傷付いたのにあり得ない物言いをするから( -_-)o

 

初めて見た遺体の顔は恨みに満ち満ちていて今でも忘れられない………

 

…………そんな出逢いから丸六年…

お孫さんやひ孫さんとはとても上手くやっている。今日は桃を沢山貰ったんだよ

 

今日はその傷痍軍人の7回忌

 

傷痍軍人のおじさん、

貴方の子息は皆聡明な大人になったよ。これは貴方の功績

 

今日はそんな貴方が好きなショパンの演奏だ。心穏やかに聴いておくれ

 

         ……………桃子の日誌…

 

えっ!それワタシなの??

うーん…何か私がマンション上層階のザマスなおばちゃん達に


f:id:however-down:20220622233951j:image

 

変な影響を与えているみたいだ (o_ _)o

 

今日はお休み

先週はほぼ徹夜状態だったので、昨日は少し早めに帰宅しエントランスを見ると

上層階のザマスなおばちゃんが白熊の赤ちゃんみたいなワンコを遊ばせいて、アレクちゃんは興味深々。

 

ザマスおばちゃんとは会釈だけして自分の部屋に戻ると、アレクちゃんがノエちゃんと大吉ちゃん、昌子ちゃん家族を誘って

「ボス、さっきの見たい~」って訴える

 

仕方ないからいつもの面子に、ニャンコのカガリちゃんと廉子 (れんず)ちゃんもキャリーに乗せてエントランスに降りたけど……

既に姿はなく別のザマスじゃないおばちゃんがビークルとニャンコを連れて来ていた。

 

「白熊みたいな子犬連れた(ザマス)奥さん居ませんでした?」


f:id:however-down:20220623010123j:image

 

丁度、このおばちゃんと入れ違いになったそうで、グレートピレニーズのお子ちゃまワンコだったよ ( ̄0 ̄)


f:id:however-down:20220623010602j:image

 

『もう一人居る奥さん(ザマス)のワンコ見た?』少し前の日に確か茶色と黒みたいな子犬見たんだった…

『あれ、バーニズマウンテンの子犬だよ』と(o_ _)o


f:id:however-down:20220623064826j:image

 

東京の夏は酷なワンコ達だな

 

『これ、貴女の影響ですよー』と言われた。

 

つまり、たまたまザマスおばちゃんがエントランスにいた時、私がアレクちゃんを連れて歩いていたり、専務が愛ちゃんと真を連れて遊び来たり………

 

大きなワンコは目立つし、しかもアレクちゃんは格好良い。
そんなの見せられたら、いつも張り合うあの二人が我慢出来るワケがない。
だからアレクちゃんより大きなワンコを飼い始めたってわけ (-ω-;)

 

何かとっても分かり易い理由だけど、ちゃんと毎日散歩とか連れて行けるのか?なーんて思ったけど、そもそも見せびらかすのが目的だから大丈夫だね。

今年の冬はエントランスが賑やかになりそう

 

 まあ、何はともあれ

    「いらっしゃい」だねヾ(^^ )

 

           ………桃子の日誌…

 

宇宙人ダニエルと交信する おじさん2人と元キャバ嬢

 

昨日は少し遅れて第二ラボ斎場に入った

前日のあのお父さんに掛かっていた生命保険の支払いを確実にする為

49日まで無料で使える当社のお母さん顧問弁護士2人を入れて打ち合わせ。何となく動機も引っかかるからね

あの遺族のお母さんが悲しみに浸れるのは一番下の子供が一人立ちしてからなんだよ

 

そんなこんだで第二ラボに遅れて入ったら、運転手のおじちゃん2人と私と帯同する茜ちゃんが、しょーもない遊びに興じてる( ̄0 ̄)

 

読者の皆さんは「ダニエルさん」って知ってますか?

こっくりさんやエンゼルさんの類似品なんだけど鳥居の代わりUFOになっている( -_-)o



f:id:however-down:20220622081711j:image
    (これは宇宙人ジョーンズ)

 

つまり、こっくりさんやエンゼルさんは降霊系だけど、ダニエルさんは宇宙人と交信する系と言うやつ

コレをおじちゃん2人と元キャバ嬢がニャンコを抱っこしながら真剣にやっている

 

私が来たので終わろうとしていたら、私の運転手のおじちゃんの膝の上にいたニャンコの百恵ちゃんが、中々かまってくれないから、突然、テーブルのダニエルさんの紙とコインの上に乗ってでーんと座ったら、茜ちゃんがビックリしてコインから手をはなすと

 

「アーッ、宇宙人がくる!!」

           大声を上げる

 

まあ、ここからは…まめちゃんと同じ

 

…………車の中……

茜ちゃんは「こっくりさん」とかは知っていたけど“ダニエルさん”は初めて聞いたそうで、「取り憑かれたりしないから大丈夫だよ~」と言われてやったそうだ

 

何て言うのだろうか、このX世代のおじちゃん達はカネは無いけど時間はあって、その時間の潰し方を色々知っているんだよね…

運転手のおじちゃんは「面白すぎて指に力がはいらん」とまだムフフと笑ってる。

 

「学生の頃は何でもやったからねーまだまだ知ってますよ~」と余裕の顔

ウチの子供達に変な障りが出ないか心配かも

 

    まあ、然もありなんだな………

 

           …………桃子の日誌…

 

動物家族の葬儀部隊

 

………とある斎場の一日…

 

奥さんに…声の掛け様も無い

 いかんよ、家族を残して勝手にってのは

 

吊るってのは普通にある事なんだけど、この40代のお父さんは少し違う

 

普通、紐を外そうと縦の引っかき傷が出来るんだけど、このお父さんの場合、首の間に指6本の縦に出来たうっ血があった。

紐を掴んだままぶら下がったんだよ

 

これ「切腹」と同じ

 

         「逝かねば成らない」

 

と、腹を括った結果。

  年に一人居るかいないかの事象

 

会社の寮でそうなっている所を発見される

高齢の両親の実家に子供達4人を預け、一人で遠方の都市から上京、警察では修羅場。

ラボ斎場の特別遺族控え室(監視軟禁控え室)で放心状態になっていて技術局長や専務でさえ声を掛け辛い。

 

そんな時に力を貸してくれるのが動物家族なんだよ。

専務の愛ちゃんがお母さんの真横にくっつき、真ちゃんは斜め前から寄り添う。

言葉なんていらない

  ただ寄り添うだけ……

 

だけど愛ちゃんと真ちゃんの霊魂の温もりが傷付いたお母さんの心を癒し……

おニャンコ隊もやってきてお母さんの膝で流れ涙を舐めてあげてる


f:id:however-down:20220621093354j:image

 

お母さんは、いつの間にか愛ちゃんにもたれる様に眠りに落ちた

ここまで殆ど人間は関与していない。動物家族達が自らの愛でやってくれているの

 

………早朝、義父母と実父母に連れられ子供達もやって来た。

みんなで泣いてる………

 

でもお母さんは“母の顔”

4人の子供を抱きしめながら

 悲しみを隠し一人立つ“強い母の顔”になる

 

そうしたのはね、私達の動物家族達なんだよ

 

           …………桃子の日誌…

 

最高級イベリコ豚 生ハム 千疋屋メロン(o_ _)o

 

二部長の妹曰く、千疋屋のメロンと最高級イベリコ豚の生ハムで作る“生ハムメロン”は最高に芳醇な味だそうだ( -_-)o…………


f:id:however-down:20220620004354j:image

 

…………今朝は早く仕事に出発の為、

昨日は私の車列のメンバーとノエちゃん、アレクちゃんとで総務局でお泊まり。

 

徹夜とかこんな時は、二部長の妹に大吉ちゃんと昌子ちゃん家族の世話をお願いするんだけど、昨日は翌日休みのピアノの希美ちゃんも一緒にお泊まり。

 

私は寝ようと思って、アレクちゃんにリモートで自宅の様子の確認を頼み、私はマイケル・ジャクソンの棺みたいなデカい洋棺で寝かかっていたら………

「ああ、アレクちゃん?」って感じの二部長妹の声がしたと思ったら、テッテッテッテッとアレクちゃんが小走りでやって来て

ノエちゃんは踏んで、私は鼻を手で塞いで起こし、「ボス、来て!」と振り返りながら呼ぶんだよ。

 

「何かあったか?」

アレクちゃんに付いて行くと………

 

モニターには当然、人間2人とワンコとニャンコ達の酒盛りの風景が見える。でもよく見ると………

奥に桐箱があってメロン

更にメロンに生ハムを巻いて食べてる

 

あいつら……私が貰った少し早いお中元に貰った千疋屋のメロン(一つ1万7千円相当)に、私が自分で欲しくて買った、最高級イベリコ豚の生ハムを巻いて生ハムメロンにして食べてる( ̄0 ̄)

 

「ももさーん、頂いてま~す!ヾ(^^ )」と……

何かクビが折れた

アレクちゃんの好物のメロンと生ハムが食われてる。そりゃあ呼ぶわな。

 

もっとよく見ると、トムとジェリー何かに出てくるゴダチーズを食べながら


f:id:however-down:20220620080429j:image

 

一本しか残ってなかった「月浦ワイン」の白も呑んでるぞ……


f:id:however-down:20220620080659j:image

 

ノエちゃんが「なんにゃ~」って起きて来て、モニターにくぎ付けになる


f:id:however-down:20220620081847j:image

 

ヤツらノエちゃんの大好物の「ホタテの貝柱」でカルパッチョを作って食べてる……(^^)/

 

       オ~ジーザス ( ^-^)/(T-T )

 

…………今、ファントムの中…

何かワケの判らん脱力感で既に疲れてる。

ノエちゃんが「ホタテの貝柱買ってー」アレクちゃんは「メロン…」って顔して寝てる。

 

仕方ないな

帰り道、にある海産物卸会社でホタテの貝柱、千疋屋でメロンを買って来るか

 

ファントムは重たい倦怠感を乗せて東名高速を疾走する………

 

           ………桃子の日誌…

 

魂還り 魂還りつつ..沖縄慰霊の日を前に核抑止を語る

 

日本歩兵第第32連隊の牛島 満中将の辞世…

秋をまたで 枯れ行く島の 青草は 御国の春に またよみがえらなむ

矢弾尽き 天地染めて 散るとても 魂還り 魂還りつつ 皇国護らん


f:id:however-down:20220619090509j:image

 

牛島中将には彼なりの愛国心があったけど

彼の評価は、今でも賛否評価が二分されている

私達は今まで4回殆ど海外で命を落とし帰国した邦人の企業戦士や、日本で亡くなって本国に帰る外国人の葬儀で引用した事がある。祖国へのノスタルジーだね………

 

 

…………間もなく沖縄慰霊の日

社員の子供達が集う総務局や後輩社長宅ではその様な節目の日に子供達に語る事が多い

今年はロシア ウクライナの紛争が起きた折から子供達を集めて軍事力による抑止力に付いてキャンディが分かりやすく語った。

 

彼女はカナダ人 (1/4日本人のクォーターのカナダ人) で、“三つ子の魂”の部分は日本人とは違った基本的に異質なんだ。

 

彼女は闇雲に戦争反対とか核兵器廃絶とかって言わないし思っていない

このウェブ記事に言及しながら

 

 

3人は8日、広島市役所で記者会見し、ロシアのウクライナ侵攻に触れながら核抑止論はもろい平和」「今こそ平和記念資料館を訪れてもらいたい」

「犠牲者の遺品を見て、核が命を守ることにつながらないと理解してもらいたい」。西川さんは小学校の時、被爆者が幼いころの記憶を涙ながらに話すのを見て「自分がその思いを世界に伝えたい」と大使を目指した。

 

世界の人々は粗そうは思わないんだよね。

 

波ながらに話したくないなら核兵器によるより強い抑止力を持って自国の平和を守るって事になる

パキスタン特に「北朝鮮が良い例だ

 

しかも核兵器は国際間の恫喝にも使えるって事をロシアが証明し

しかも核抑止力が有れば、アメリカでさえ簡単に手出し出来ない事まで証明され、黒電話は核兵器に全幅の信頼を置いたんだよ

 

今反対に、日本が北朝鮮やロシアから外交的な恫喝を受けないのはアメリカの核で守られているのはご存知のハズで………

それに、彼女たち学生の言う通りに世界から核兵器が根絶されてもそれ以外の兵器で戦争するよ。通常兵器も根絶されたなら素手の白兵戦で、しかも大国同士が盛大に……

 

「だから核兵器に寄る抑止論は弱く脆くなくて、現代社会では最強の抑止力なんだよ」

 

『戦争も喧嘩もお互いの心と体を深く傷つけるからやっちゃいけないけど、一度始めてしまったのなら負けちゃいけない。自分だけでなく自分の大切なものも傷つくから……」

 

キャンディはそんな感じで話を閉めた

 

 

私は昨日、起業の成功について

よく起業は、インフラや資金量、良い社員がいれば成功するって一言で終わらされる事が多いけど……

金やインフラ、良い社員がいても経営を軌道に乗せて成功し続けるワケではなくて、起業に成功する為の練り上げられたプランがあって、それに従って金やインフラや社員を使ったからこそ成功したって事なんだよね。

 

と書いたけど、この考えはそのまま戦争に置き換える事が出来る

 

よく日本は、アメリカに物量と工業力で圧倒されたと一言で終わらされる事が多いけど、金があっても勝てる訳ではなく…

勝つ為の練り上げられたプランがあってそれに従って金を使ったからこそアメリカは日本に勝った

 

今、ロシア軍が泥沼の長期戦に陥ってしまったのは、練り上げられたプランが無いからで

ウクライナ軍はカネと武器装備を持って無いからロシア軍を押し返せず、領土の一部をロシアに割譲する事でしか紛争を終結出来ないだろう

 

例えば何かの齟齬や誤解があっても、ロシアが北海道に責めて来れない核抑止力による強大な攻撃力や防御力が無ければ、一方的に日本人の血が大量に流れ……男はやられ、女は陵辱され、子供は人身売買だ。

分かるでしょウクライナでのロシア人の振る舞いを見れば

(私はウクライナ人もロシア人と殆ど変わらないと思ってるけとね)

 

そして停戦協議の際、核兵器使用をほのめかせた交渉で北海道の殆どはロシアに奪われる

 

どこぞの誰かが「日本には憲法9条があるんだぞ!」と真顔で寝言を言ってもな

 

       さもありなんだな……

 

           …………桃子の日誌……