死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

あなたは 困った鳥がやって来たらどうするの?

 

昨日は私達の子供達が通ってる幼稚園児達が、第四ラボに栃の実の収穫にやって来ていて、外では局長と園児達の元気な歓声が上がってる

 

「やっとここまで来ましたね」

『ホント、理事長と園長のおかげでここまで来れましたよ。何でこんなに苦労するんだ?』

 

局長は今年の2月頃から、この前やった餅撒きに至るまでにモンスターペアレンツって言うか「私は常識人」って言う錯覚した若い母親PTA役員2人のおかげで凄い苦労したんだよね。

大体、局長をはじめ私達は他のPTA役員の様に、二人のボス役員に誰一人媚びないのが気に入らないみたいで

 

里山に自生している栃の実で、動物為が触ってどんな病気がうつるか分からないって話しから始まり……

 

 

非常識なタヌキちゃん達への餌やり、野良猫の保護、糞害やらなんやら……

私はムカムカして「私、あの事知っているんですよ~」と私が二人を恫喝する前に…局長が立ち上がるのも制止して理事長が言った

 

「お二人は困った鳥が自分の懐に飛び込んで来たら如何するのですか?」

 

すると他の多数の母親PTA役員からも

『食育の観点からも山で栃の実を取るべき』

 

役員の仕事もせず威張ってるから嫌われてるんだよね

結局、この二人の役員の子供は餅撒きにも、栃の実拾いにも参加しなかった

 

山では園長も加わりキャーキャー歓声があがる………

 

 

………昼前までに大きなザル2つにいっぱい。

局長が表面に付いた汚れを落とすために二槽式洗濯機で洗って2週間天日干し(・・;)

その後は当社の真空乾燥機で乾かす。

 

幼稚園のお子ちゃま達、今日はお弁当の日

新しいく作った部屋で、園長先生と局長も一緒に楽しく食べてお昼寝してる。

 

引率の先生、園長と局長で話しをしていたら、太ったハクビシンちゃんがご飯を食べに来て局長の手からご飯を食べて、少し甘えてから里山に帰った、


f:id:however-down:20221004014902j:image

 

きちんと見つめ合っても敵対心が無く、あのハクビシンが人の手から食べ物をとるのは、絆が出来た局長だけ

 

『前に理事長が助け船を出してくれた

「窮鳥懐に入る、人倫これを哀れむ」ってのはウチの局長の事ですよ』

 

「そうですよね……」

 

局長がハクビシンちゃんのご飯から戻ってた  

「子供達に里山との約束の話しをしたよー」

と言ってる

 

これ、今回の栃の実拾いを通し、幼稚園と私達が食育にも絡む情操教育と位置づけている大切な事…

   …つづく

 

          …………桃子の日誌…

 

これもマスコミ (-_-#)

 

「あの人とは住む世界が違う」なんて良く言う。例えば「反社とカタギ」とか…そして見ているモノも違うヾ(^^ )

 

昨日……

記事を投稿後、茜ちゃんと希美ちゃんがもさ~っと起きて、松尾ジンギスカン、動物家族達はラムの焼肉を食べた(*^^*)

 

食べながら「そうだアネゴ、商店街で売ってる食材って高くない?」と二人が言う。

彼女達は、分からない事を分からないままにしない。特に茜ちゃんがね

 

先週、二人は専務に帯同していて、ある商店街で総務局の生鮮品を買い物

値札を見ていたら殆どの商品がスーパーとかより高いから帰りの車の中で

「ジュリン(専務)さん、あそこって高くなかった?いいんですか?」と聞いたら『個人経営だから商店街はあんな感じだよ』

 

確かに高いね、もしその近郊や商店街の年寄りが歩いて行ける距離に「トライアル」なんかが出来るとあの商店街はすぐに無くなるよ

そうなると「スーパーやデパートなどが悪い」って言われるけど、それは商店街の連中の見方。

一時期、商店街が「大店法」などでカルテルみたいになって、大規模小売店の出店を邪魔し、消費者に高値の商品を普通に販売していたけど、大店法が緩和され近郊に大規模小売店が出店し安値で販売した途端にシャッター商店街になったでしょ。

大規模小売店が無い地域は、消費者側から見ると高値で買わされて不利益を被ってんの。


f:id:however-down:20221003095723j:image

 

専務がそこで買うのは営業、顔つなぎだよ。あの専務がお金を無駄に使うわけが無いの

 

「ふぅ~ん、そうか…なんかズルいね……」

「流石アネゴ、何でも知ってる~(^^)/」

 

な~んて茜ちゃん言ってたけど

これもマスコミが「大規模小売店にいじめられる個人経営の小売店」って視聴者に刷り込みでそうなってるんだ

立場が違えば答えも違う

カルテルを作り大規模小売店の出店を阻んで消費者に商品を高い値段で売る個人経営の小売店」って報道は無い

 

もちろん個人経営小売店の生活もあるけど

もし、この商店街で買い物をしている消費者が大規模小売店で買うと、10月に値上げになった分がチャラになるかもね

 

茜ちゃんはそんな事を良く気付く

今まで住んでた世界から、違う世界に引っ越したから見えなかったものが見えるんだ

私達も彼女が前いた世界は分からない。

だから私達も彼女に色々聞いてる。結構役に立ってんだよ、灰色の世界についてね

 

あと30年もすれば、今のテレビしか見ないマスコミのお客さんはこの世にいなくなる

 

その時、このムカつくマスコミはどうなっているのだろう……………

 

……………第四ラボに付いた

里山では幼稚園児達が保証局長と栃の実を収穫している。

       私も行こう(^^)/

 

          …………桃子の日誌…

 

 

 

「照千一隅」まず、自分と家族を守るんだよ

 

いや~昨日は良い結婚式だった

久しぶりの明るい集まりは最高で、仲人の中華屋さんのお父さんも緊張しながら仲人挨拶

ウェディングドレスのベールを更に長くしてベールを持つ子供は7人


f:id:however-down:20221002110918j:image

      (ベールボーイ ベールガール)

 

大型ワンコ達も花束を咥えて花束贈呈したんだよ

 

参列者は60人程で、殆どが新婦の友人と総務局の社員とお子ちゃま達。

新郎雲水は永平寺の修行仲間の4名の雲水と来賓にちょっと偉い曹洞宗の寺田の住職。

 

来賓祝辞では自分が雲水の時、永平寺典座(てんぞ、給仕係)だった時の事、典座教訓にあった「“今ここ、我(われ)”」林修氏の

「いつヤルの?今でしょ!に置き換えて話した

 

「やっぱ道元の話しをしたな…」なら…私は天台宗最澄の逸話から

 

「照千一隅」(しょうせんいちぐう。一隅を守る (照らす) 事は千里を照らす事) 

と言う私達の心意気を話した


f:id:however-down:20221002111106j:image

 

「照千一隅」とは、社会の中の一隅に光を与え、それを守り抜く者は、国を護り、衆生を救うことのできる僧であり、それは国の宝であるという意味で……

つまり人知れず片隅で奮闘し社会を照らしているような人が、国の宝なんだって事

 

「そんな人や僧侶に成りたいのなら、私や私達が会社と社員達を大切にする様に、自分を大切に、奥さんを大切に、産まれてくる子供…自分の“明るい家庭”を大切に守り抜く事から始めては如何でしょうか?」

 

「たとえ注目されなくても、自分が置かれた場所で花を咲かせる努力をすることが大切」

 

と話しをしめたら

来賓の住職が立ち上がり…それを見た雲水達も思いっ切り「立拝」してびっくりしたよ。

 

披露宴が終わって

僧侶達と新郎新婦が私達にお礼を言いに来た時「大丈夫、心配いらない。あんた達が乗ってるのは大船だ」と言ったら

マリウスが

 

「いいの~言い切っちゃって~(^_^)」

『良いの、あんたが居てくれるなら大丈夫』って答えたら感激してくれた………

 

……………少し飲み過ぎてさっきまで寝ていた。

ベッドにはノエルちゃん、アレクちゃん、大吉ちゃん、カガリちゃん……

ん、何か足りない

ベッドの下には茜ちゃんと希美ちゃんがニャンコ達と絡まって寝てる

「そう言えば昨日泊まったんだっけ、私は先に寝たからあまり覚えてないけど……あっ!」

 

うり坊氏 (id:uribouwataru) の記事を読んで

 

如何しても呑みたくなり、銀座クラブのママの旦那(酒屋)から買ったジョニーウォーカーの青ラベルが4分の3程呑まれてる(・・;)


f:id:however-down:20221002113242j:image

 

私も飲んでないってのに油断も隙もないヤツらだ( ̄0 ̄)

 

ああ、もう昼

この子達、松尾ジンギスカンが食べたいって言ってた肉でも出すか……

 

  しかし……のどかな安祥な時間だ

 

          …………桃子の日誌…

 

Wagnerの結婚行進曲はちょっとマズい

 

…………結婚式披露宴準備中…

 

第一ラボのホールでは今朝早くからリハーサルを兼ねた爆音のオルガンの音がどんどん「影」を祓って行く。

 

今日は全休の前日、尚且つ友引で葬儀とは無縁の日で……

以前書いた総務局の女の子社員と雲水が居候している曹洞宗の寺で結婚式を敢行……


f:id:however-down:20221001133029j:image

       (例  曹洞宗 仏前結婚式)

 

結婚に至る直接的な経緯が経緯だから仲人は、新郎新婦も私達も知っている「中華屋さん夫妻」だ

 

まあ雲水は私達の会社に出向とは言え私達の社員であり仲間

だから一切の費用は私と後輩社長持ちで、しかも満開で披露宴の準備をやっている( -_-)o

 

でもね社員は皆明るい顔してるよ(*^^*)

普段は葬式ばかり。仕事とは言え葬式って楽しくないし皆泣いて暗い顔してるから疲れるんだよ

でも結婚式ってそうじゃ無いからね。

 

先程弾かれていたのは

 「Band of brothers」のテーマ

 

この曲、私達は絆で結ばれた姉妹兄弟達だからいつもの慣例なんだ

 

オルガンによる「祓え」も終わり

奥の会場では当社オーケストラのメンデルスゾーンの結婚行進曲のリハーサルが始まった

 

おー良い弟してるな~

 

音楽的には、もう一つのワーグナーの結婚行進曲の方が荘厳で、ウチのオーケストラの衣装にピッタリなんだけど使わない

 

後、良く分かっているホテルなどな結婚式担当の人も進めないね

 

読者の皆さんはご存知でしょうがか?

このワーグナーの結婚行進曲は、オペラ「ローエングリン」の劇中曲で

最後には主な登場人物のほとんどが去り、あるいはあの世行きっていう悲劇的な内容で、海外の結婚式ではほぼ禁忌なんだよ

 

最近は結婚式を神社や教会で執り行い、披露宴は仲間同士でレストランやクラブとかってあるけど、もし、ワーグナーの結婚行進曲を流すと必ず後でゴチャゴチャ言うヤツが出るから避けた方がよいな………

 

………お?!座席表を後輩社長がもってきた。(自社オンデマンド印刷だからギリギリでも問題ない)。

見ると私と後輩社長の席がアレクちゃんとカールちゃんと並んで一番前にある。下手すりゃスタッフだから無い場合もあるからね……

今日は受付や司会も無く、久しぶりにゆっくりできそうヾ(^^ )

 

新郎新婦が会場に入った。 

 

   まもなく披露宴がはじまる

 

          …………桃子の日誌…

 

人生ゲーム

 

………第三ラボ当直日報…

 

小さな爺ちゃんの遺影を事務室のテーブルに置いて、中学生と高校生の姉妹が私達と楽しそうにお菓子を食べてる

 

彼女達は、通夜前日の昨日の夕方に家族と一緒に来た故人の姪。

 

爺ちゃんの通夜が終わり

控え室では通夜振る舞いが始まって、大人達が酔っ払って泣いたり騒いだり……

はっきり言って中高生は楽しいわけが無い

 

まぁ多分、そんな感じで控え室の外にあるソファによそよそしく2人離れて腰掛けていた

 

でも何かお互いが反抗期の反抗する対象って言うか、格好つけてワザと人生を斜めに見ようって感じなんだけど

そんな学校の制服姿の二人はなんか滑稽で、まだまだ可愛いお子ちゃまだヾ(^^ )

 

……私は泊まり当番で、そのまま事務室で寝ていたアレクちゃんを起こして散歩…………

事務室に戻ると、

「あ、ピアノのお姉さんだ!!」

「あの横にいたイヌこんなに大っきい!!」

と……

 

『ん?!』

 

部屋には技術局長とジョンちゃん、それとさっきの姉妹が“おニャン子隊”の3ニャンコをモフりながら、ネコ吸いしている。( ̄0 ̄)

 

後て局長に聞いたら「あのままソファに置いとくと、“どっかに行っちゃいそうと”心配した技術局長が親に話してから『あのニャンコ達がいるよ~』と、事務室に連れて来た」そうだ。

 

ハナモゲラ語」か?

まけもけ先生の「オモンモン語」か?

 

やっぱ現役の中高生は

今のZ世代を遥かに凌ぐ超宇宙人で、杏奈ちゃんでも何語を話しているか分からなそう

 

そうだ!「人生ゲームやるか!?」と局長


f:id:however-down:20220930081727j:image

 

何故かこの二人は知らなかったんだよ…

で、もう何かね…凄い盛り上がって、様子を見に来たお母さんも入れて3回もやった

 

さっきまでよそよそしかった姉妹が普通にケラケラ笑ってる

 

結局、この集会がお開きになったのは丑三つ時(午前二時四十分)過ぎ……

彼女達は女の子達専用の控え室にニャンコを持って寝に行った

 

…………今日の早朝…

この時間はノーリードで野放しのアレクちゃんと、ノエルちゃんとで巡回してたら、聞き覚えのある笑い声 ( ̄0 ̄)

角を回ると朝ご飯を作りに来たキャンディがあの姉妹と三人でゲラゲラ笑っていて、

朝ご飯の時は昨日の通夜後と違って普通に話している(・・;)

 

「そんなもんだってヾ(^^ )」と局長が言う

 

    そうだね

      女ってそんなもんだ

 

           …………桃子の日誌…

 

ワンコは乾燥ミミズが大好きです( -_-)o

 

………陽だまり…

 

先日から私達の家族になってくれた“わんこの”ジョンちゃんヾ(^^ )

 

最近やっと元気になったけど、技術局長にベッタリ、いわゆる分離不安だ。

でも、局長もいつも一緒が良くて、何処へ行くのも連れて歩いてるから問題ないの

(葬儀の時は、モニターでつながってる)

 

昨日は第三ラボ斎場へ遺体を連れて入ると局長は凄い形相でネットを調べてた

「ジョンちゃん、ミミズ食べた…!」って半べそかいてるヾ(・ω・`)

 

こんな時、ワンコと言えば後輩社長なんだけど、彼女は復元施行の真っ最中で電話に出ず、代わりに出たマリウスは「大丈夫じゃねーの?( -_-)o」としか言わない…

読者の皆さんの中でワンコと暮らしている方の中に、雨上がりの朝、アスファルトの上にいる乾燥し掛かった生乾きのミミズの匂いに異常な興味を示す子が居るハズ


f:id:however-down:20220929010758j:image

 

ジョンちゃんもそのワンコの仲間。

後輩社長宅のワンコ達な中にもミミズが好きな子が居るけど局長はそんなの知らず。

ネット見ると大丈夫って書いてあるけど、そんなの見たって心配で……

で、血相変えてネットを調べてたってワケ

 

後ろではノエルちゃんとアレクちゃんが「オマイ何食った?」「アイツに心配掛けるにゃや」って集会してるぞ (・・;)

 

……集会も終わり

皆はチュール舐めてからお姫様抱っこで山羊ミルクを飲んだ。

ジョンちゃんは局長を見つめながら本当に幸せそうに飲んでる…すっかり赤ちゃんヾ(^^ )

 

私達の会社の動物家族は皆同じ境遇

嬉しい事も、悲しい事も、楽しい事も全て内包して進んで行く。

 

     これからもずーっと(#^_^#)

 

          …………桃子の日誌…

 

ねぇアネゴ、なんで国葬賛成って人が居ないの?

 

この間、私は玉城デニーについて茜ちゃんに聞かれ…話の中で

 

色々な人や新聞、ネットの意見……耳障りの良い意見もムカつく意見も、色々な意見を聞きながら“じゃ自分は如何なの?”って考えるんだよ。

それは“自分と相手とは別の人”だから…

 

と語ったけど

昨日私と帯同し、安倍晋三氏の国葬を見ていた茜ちゃんからまた至極普通の事を聞かれた

 

「ねえアネゴ、何で国葬賛成って人が居ないの??」

 

『あぁ、それは私達の会社と同じで、マスコミも利潤を追及する会社だから』

 

『マスコミは権力の番人とか、弱者の味方とか言われているけど全然違うよ、

マスコミはスポンサー企業の味方で、

“如何に視聴率を上げ、スポンサーのコマーシャルを見せるか?”が重要で、視聴率を上げる為には何でもヤルからな……故に


f:id:however-down:20220928075601j:image

 

マスコミこそが社会から監視されるべきもの

なんだよ』

 

そもそも“世論”ってマスコミの報道で作られるの、そしてマスコミの経営を支えるもう一つの存在、そして世論を形成する土台になってるのが老人達なんだよ

 

新聞を月極購読しているのは老人達。

ワイドショーを見て視聴率に貢献しているのは、昼間から暇を持て余している老人達

そして全ての商売の基本は「如何に客を喜ばせ商品や技術を売るか?」で、その老人達が食い付く様に商品(番組、特にワイドショー)を作るか?なんだよ


f:id:however-down:20220928081303j:image

 

それで反対の方が受けると仮定して「国葬反対」とだけ報道し、誘導した世論の様子を見ながら理由を後付けしていく。

なのに「国葬に賛成」する意見なんかを同士に同じだけ出すと知能が低い連中が、どちらか一方と考えるから「お前らはどっちなんだ?」と

番組に意見や投書が大量に来て意見がブレて、更にスポンサーにとばっちりが来るかも知れないから国葬に賛成する意見を黙殺するの…………と

「ふ~ん、何かあほ臭さい」と茜ちゃんが言う。

『そう。自分で考えられず、いつも他人の意見を最初から自分の意見と錯覚して偉そうに語ってるヤツは知能が低いんだよ。

だから両方の意見を聞いて自分一人で考えなって言ってんの

 

まあね……この国葬の話題も直ぐに忘れられる

国会で野党がゴチャゴチャ言うだろうが、馬鹿にされて終わる。

何てったって「支持政党無し」の国民がとりあえずって投票する政党にも成れない寄生虫だからな。

 

そうそう、彼らが国葬は税金の無駄遣いと言うなら、何の仕事もしない野党は寄生虫

コイツらの野党の中国人議員などの報酬に私が負担している累進税が使われる方が無駄遣いだ。

 

  あぁ、私は国葬は同でも良い事だよ

 

           …………桃子の日誌…