死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

子供が病気でも帰れませんよ

 

……視察に来た某自治体の職員達との会話…

 

「なので子供が幼稚園や学校で病気になっても帰れませんよ」と……

昨日、視察に来た某自治体職員達に言ったら

 

        「マジかい (・・;)」


f:id:however-down:20240527170148j:image

 

って顔したよ。

 

 

読者のみなさんもご存じの「子持ち様」ってすっかり定着したみたいで

 

まああれだ、子持ち様の事情は分かる。

でも誰かが子持ち様の残務処理をやるわけで…お一人様がムカつくのは当たり前だよね

 

それを解決したのがウチの総務局と後輩社長宅で

「社内にいる社員が保育園や幼稚園、学校に子供を迎えに行って病院へ…社内で看病」するのだけど、

対処するのがお一人様だった場合、

幾らお互い様が根付いて、更にそれが業務であっても…皆 口に出さないけどやっぱり不満はあるはずで……

 

(もちろん手当は払っているし、局と後輩社長宅には一人ずつ看護師が常駐してる。

病気の子供に対して会社の責任も発生するけど、私達はその責任を回避しない)

 

………故にその母親は基本的に仕事を途中でやめて帰る事が出来ないし

子供も淋しいのを我慢しなければならない

 

つまり、全ての者が“平等”に対価を支払う事で成り立つ仕組みなの

 

「なので子供が幼稚園や学校で病気になっても帰らないじゃなく、帰れませんですよ」

「そもそも子育ての“支援”じゃなく、母子家庭の経済的自立、働く母親の諸問題の解決ための“社内制度”なのです」

 

と私が言ったら


f:id:however-down:20240527223413j:image

 

自治体職員が『マジかい…(・・;)』ってなったんだ。


f:id:however-down:20240527235431j:image

 

 

子持ち様とお一人様、これと似た様な軋轢は世間に色々あって…化粧品の資生堂の様に積極的に取り組む企業もあるけど

そもそも「支援」って言葉が使われてるうちは社会的な問題解決などできないのでは?

 

       私はそう思う

 

             ……桃子の日誌…

 

体脂肪率が2%下がって体重が0.6キロ増えた

 

……デカ犬スクワットの効果 ( ̄0 ̄)…

 

『アネゴ、力こぶ凄いよ~(・・;)』と茜ちゃんが言う

うーん…言われてみれば確かに腹筋と力こぶが成長したわ


f:id:however-down:20240526181259j:image

 

今日はお休みで昨日から茜ちゃんや技術局長に1部長やバイトちゃん達が遊びに来てくれてる…晩ごはんを食べて

 

風呂に入って何気なく体重計に乗ると…

 

      思わず「げっ!!」っと声がでた

 

体重39.7キロ   体脂肪率17.2% 

前より体重が0.6キロ増えて、体脂肪率が2%減ってる?( ̄。 ̄;)

 

で、、、


f:id:however-down:20240526191852j:image

 

    まああれだ………はっきり言って私は細い


f:id:however-down:20240526193333j:image

 

   細い故に600グラム増加はマジでショック

   (後輩社長はもっと細い(・・;))

 

「ねえ茜ちゃん、あたし太った?0.6キロ増えたんだよね」

 

『アネゴは太ったってより前より筋肉ついたって…その力こぶ凄いよ』


f:id:however-down:20240527015209j:image

 

  『アレクちゃんを担ぐからじゃないの?』

 

 

お~確かにな ( ̄0 ̄)

晴れて熱い日はアレクちゃんが肉玉 (肉球) を火傷するから……

私が車から毎回社内まで担いだり、助手席でオヤジ座りしている時、たまにお姫様抱っこってのもある( ̄△ ̄)

 

アレクちゃんはこのジャーマンシェパードちゃんと同じくらいデカい


f:id:however-down:20240526191440j:image

(徒然てんぐさのブログより 体高 (肩までの高さ)70センチ強、体重は55キロ前後。)

 

『背中を起こして腕と腰と腹筋で背負うんですよ~!』と

保安部の女の子の言う通りしてたら腕に筋肉付いて腹筋がはっきり割れてるわ σ(^_^;

     良いのが悪いのか分からんけど ( ̄0 ̄)

 

 

専務も雨でお腹が濡れると一大イベントになるロン毛のマコトちゃんの


f:id:however-down:20240526232057j:image

 

背負い方を教えてもらってたからな……

    きっと専務も筋肉付いたぞヾ(^^ )

 

         然もあらん

 

                                                ……桃子の日誌…

 

生類憐れみの令

 

……キャンディ先生の教室…

極端な政策は混乱もあるけど必要かも知れない。キャンディ先生は語る

 

生類憐れみの令は極端な法令だったけど


f:id:however-down:20240525234453j:image

育てられない子供や働けなくなった病人や老人を山に捨てたり、


f:id:however-down:20240525235123j:image

 

武士から町人まで人をヤルる事が平等に犯罪だとされ


f:id:however-down:20240525234923j:image

それが現代まで続いてるんだよ( ̄△ ̄)

 

子供達にキャンディ先生は


f:id:however-down:20240525234217j:image

 

極端な政策は混乱もあるけど、世の中を変革する為に必要かも知れないと……

敗戦するであろうウクライナの今後と、トランプ氏再選を利用した


f:id:however-down:20240526075734j:image

    (トニャンプ(=^..^=)ミャー)

 

     日本人の意識を変える方法を話した

 

          (・・;)

 

 

昨日の桑の実取りからの勢いで…子供達はあの雲水がいる禅寺にお泊まり

 

今朝、住職と雲水の座禅に付き合った後にキャンディ先生が子供達に講義をしたの

 

確かにキャンディの言う通りで

働き方改革関連法によるバス、トラックの24年問題がそうだわ

 

慢性的な人手不足が起きてるってのは求人数が増加したって事だし、

人件費上昇で会社が倒産しても、運転手は次の仕事を見つけ易くなるのでは?って

 

まああれだ、

私は世間一般とは考え方が115度くらい違うみたいだからそう思うのかも知れないけど、    停滞した社会よりよっぽど良いと思うのよ

 

         然もあらん

 

            ……桃子の日誌…

 

春と夏の間に (*^_^*)

 

……梅雨の前に…

 

後輩社長宅の庭でワンコ達が騒いでる

「これ、まだ食べないの~?」って(*´ω`pq゛

 

ワンコ達が楽しみにしてるのが


f:id:however-down:20240525091645j:image

 (オリーブオイルをひとまわし様より桑の実)

 

          『 桑の実 』

 

後輩社長宅の庭には桑の木が沢山あって(冬に選定をして低木にしてある) 毎年「桑の実ジャム」を作り……

付き合いのある会社や、葬儀で知り合った様々な遺族や関係者へ子供達が計画を立てて販売してるよ

 

   そろそろ今年も収穫が近づいているの。

 

今日は黒く熟した桑の実を収穫してジャムの製造工程の確認する日

 

ワンコ達とマイクロ豚のスミレちゃんが桑の実から良い匂いがするので大騒ぎ、低い場所に生ってる赤い実をつまみ食いして…( ̄0 ̄)


f:id:however-down:20240525094600j:image

 

今度は「酸っぱいー!!ヽ(`Д´#)ノ」って大騒ぎp(`Д´)q

赤い実はまだ熟してないから凄い酸っぱいの

 

子供達も笑顔で収穫して皆楽しそう(#^_^#)

 

 

庭の東屋ではロリポップパパと和菓子屋のじーちゃんが焼き肉の準備をしていて……

 

私とアレクちゃんは…冷たくなってるおじさんとそれを防犯カメラで眺めてる

       何故だ!! o(`ω´*)o

 

ま、皆が笑っているからいいか ( ̄。 ̄;)

 

        然もあらん

 

春と夏の間の一日

 

            ……桃子の日誌…

 

難関大学という大学

 

……やっぱり国語力だな…

 

 

記事にも書いたけど、最近私は塾関連の方のブログを読んでるよ

 

で、ある塾の経営者さん

不定

動名詞

三語短文

関係副詞

この言葉を(塾の英語の授業の記事)ブログで頻繁に使っていて

(子供達にそのまま不定詞とか三語短文とか関係副詞とか言ってないと思うけど)

 

 あ、塾に難癖をつけてないよ(=^..^=)ミャー

 

 

まあ、この方のブログを読んでキャンディがウチにやってきた来た頃の出来事を思い出した……

 

「保証局長さんて難関大学卒業なんですね。難関大学って何処にあるのですか?」ってキャンディに聞かれて

 

           『上野にあるよ』

 

  と答えそうになったけど

      なんか変な感じがして


f:id:however-down:20240523232541j:image

 

難関大学っていう大学かい?』

「そう!!」

 

難関大学って名前の大学はないよ、それ入学するのが難しい高偏差値の大学の事。

保証局長は偏差値無関係で“変な人”しか入学が難しい大学(藝大)を卒業してるの』

 

   「オ~ボス、日本語って難しいですね」

 

………そんな会話をした事を思い出した…

 

 

こんなのもあるよ
f:id:however-down:20240523232157j:image

これポアンカレ予想って数学の証明問題なんだけど、言葉の意味が分からなければ、何を言ってるのかすら分からない( ̄0 ̄)

 

   やっぱさ……国語の勉強が最優先だわ

         私はそう思う

 

  読者の皆さんはどう思われますか?

 

            ……桃子の日誌…

 

花が枯れる頃に、花を贈ろう

 

……花の効果…

 

ウチの香典領収書には

  この様なメモが付いている

 

田中角栄氏は……

葬儀から1週間が過ぎたころ、

「花が枯れるころ、遺族の悲しみがつのるもんだ」

と言って新しい花を贈っていたそうです。

貴方も遺族宅の祭壇の花が枯れるころ、新しい花を贈りませんか。

 

式終了後…

カウンターにて受け付けています。


f:id:however-down:20240522231855j:image

 

これに倣ったわけじゃないけど

ウチも同じで花が枯れる頃サービスで遺族宅祭壇の枯れた花を新しい花に取り替えてるけど、その時に集めた会葬者からの花も届ける

 

会葬者からの花は、祭壇だけに飾るのでは無くてお部屋にも飾れる花なの

 

これ、遺族が物凄く喜んでくれるんだ(*^_^*)

 

昨日、JK二人を連れて専務が遺族宅に花の交換と、友人4人からの花を届けに行ったら

故人の奥さんが膝を付いて「ありがとう!!」と手を握って離さなず

JK達も感激したのか奥さんと三人で肩を寄せて泣いたそうだ

 

その後、奥さんは花をくれた友人達に笑顔で御礼の電話……

暗かった家がマジでパーッと明るくなったって言ってた

 

友人からのちょっとした「花」の心遣い

これだけでも遺族を元気づける事ができるのです。

 

    読者の皆さんも機会があれは是非(#^_^#)

 

                 ……桃子の日誌…

 

伝染する箸

 

……伝道者キャンディ…

 

ウチでは日々箸を使って食べる文化が広まってる

 

昨日の夜、JK二人と二人のお母さんに彼女達の進路とウチの奨学制度の話しをして

 (お母さん達も二つ返事で了承してくれたよ)

 

で…ラボで晩ごはんに皆でパスタを食べたんだけど、JKとお母さん達……

 

箸でパスタを食べてる私達を見て

「なんで箸で食べてるの?」って顔してる(・・;)

 

『あ、ウチはパスタを箸で食べるんですよ』

 

そういえば、彼女達は子供達が居ない場所でパスタを食べてないかも

 

私達は、子供達が居ない場所でパスタを「箸」で食べる

     だって食べやすいからね(^^)/

 

  4人もその場でパスタは「箸」になったよ

 

 

ウチの会社で…

これら箸文化 (レンゲ文化も) を積極的に広めてるのはカナダ人のキャンディだ( ̄0 ̄)


f:id:however-down:20240522000427j:image

当然、皮を浅漬けにするスイカやメロンなどは、カットしてフォークじゃなく箸……

特にケーキを食べる時に箸だと「倒れない」ないから食べやすいし、板チョコとかも手に付かない…まだまだあるの


f:id:however-down:20240522011021j:image

     (おい、箸を持ってこい)

 

当然向かない物もあるけれど、フォークとかで「刺す」じゃなく箸で「摘まむ」方が食べやすいものは多いし

ニャンコやワンコにお裾分けする時も食べさせ易いの


f:id:however-down:20240522011213j:image

     (何故、箸が無い?!)

 

 

「日本は箸です~」と言って、今彼女は

 

「和菓子を市販の箸で綺麗に食べる」る研究に躍起になってるわ( ̄。 ̄;)

 

   彼女は本物の日本人より日本人らしい

 

        然もあらん

 

           ……桃子の日誌…