死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

デカワンコ達は..チュールが命

 

昨日は良く晴れて……ヾ(^^ )

 

運転手のおじちゃんが

気を利かせて甲州街道沿いの国領神社の前をゆっくり通ってくれた

 

 

私は“鬼の祖”だけど藤の花が大好き。

 


f:id:however-down:20210419143018j:image

 

 

国領神社の藤棚が見頃で

 


f:id:however-down:20210419075932j:image

 

 

だから

この時期の東京が大好き。

 

 

昨日はアレクちゃんを始め、大型ワンコ達の運動不足解消の為、後輩社長宅へ………

中に入ると介助犬のユキちゃんと、車いすのママ、専務のラフコリーのまことちゃんも来ていて、ユキちゃんのママと少し話をした。

 

ユキママも、電動車いすに座りっ放しの障害者で、ユキちゃんを連れて散歩とか、ちょっとした買い物に行くのだけど、

あの、偉そうに物言う障害者のせいで、

犬が可哀想とか、凄い目で見られたり、こそこ話をされたり……散々だったそうだ。

 

やっと人々が忘れて来て、平常と同じ感じになったと言っているが、いい迷惑だ。

 

 

出発まで少し時間があったので、

私達は碾茶(てんちゃ)、ワンコ達とノエルちゃんはヤギミルクを飲んでると、何か変な爆音が聞こえる……

 

 

監視カメラで車回しを見ると、この……


f:id:however-down:20210419231040j:image

 

遺族から安く買ったロシア製の側車“ウラル”に、本日休みの技術局長とラブラドールの愛ちゃんが乗っている

愛ちゃんは凄い迷惑そうに乗っているのだけど、降りる前に技術局長から“ワンチュール”を2.3本貰って舐めさせると、顔付きが変わる


f:id:however-down:20210419234454j:image

     〈こんな感じの顔になった〉

 

 

他のデカ3ワンコ達は

「何でコイツはチュール貰ってんだ!」って顔してモニターにかぶり付いてる Σ(・ω・ノ)ノ

 

 

この側車“ウラル”は、

技術局長がサイドカーデカワンコを乗せて注目される”と云う明確な目的を持って遺族から買い叩いた側車。

 

まことちゃんは断固拒否だし、アレクちゃんは私にベッタリだから、それを察した愛ちゃんが仕方なく付き合っているけど、凄い迷惑そうに乗ってる。

 

 

技術局長曰く、「だからチュールをあげた」そうで、

断固拒否のまことちゃんもワンチュールが欲しくて、近所を一回りだけど…

 

結局、チュールに負けて側車に乗った

 


f:id:however-down:20210420063521j:image

   〈イメージ、こんな感じで…〉

 

 

結果的に

ウチのデカワンコ達とユキちゃんは“チュール命”でサイドカーに乗ってしまった(o_ _)o

 

 

デカワンコ達は…疲れて窓際で寝てる

 

 

「国領神社の藤が綺麗だったよ、総裁は藤棚をみた?」

 

技術局長も同じ時間に反対側で藤棚を見ていたそうで

来週、ウチの車いすの女の子とユキちゃんママを連れて藤棚を散策する事になった。

 

 

最寄り駅は京王線の布田かな?多分、バリアフリーじゃないからね

 

2人とも藤棚をまだ見た事が無い………

 

 

二人を連れての散策はかなり大変だけど、二人共“感謝を伝えてくれる”から、

皆も嬉しくて“お互い様”だよと喜んでサポートしてくれる。彼女たちから「幸せ」を貰えるからね…………

 

 

 

……………技術局長も、

  凄い満足げな顔して寝てる(-_-)zzz

 

 

さてと、私は戻る……

  私を待ってる死体の元へ

 

 

暖かい……

全てが暖かいよ

 

 

 

 

わき毛を剃れよ~わき毛~

 

昨日……

車の中でテレビをつけたら“男の体操”を放送していて、直ぐにある部分に目が行った。

 

それは腋毛 (o_ _)o

 

モジャモジャ腋毛が脇からはみ出していて、どう見ても美観を損ねている

 

 

 

私は体を見せるスポーツは美しくなければ成らないと書いた。

 

 

例えば相撲取りの尻ッペタは

 

 

プリプリで美しくなければ成らない。

イボイボ、ブツブツなど持っての他ってね

 

 

 

内村航平氏の腋毛モジャモジャは有名だけど

 


f:id:however-down:20210418235858j:image

 

 

他にもいたなぁ……

 


f:id:however-down:20210419004420j:image

 

 

でもね、体操選手 腋毛で検索すると内村航平氏ばっかりなんだよね。

 

どんだけ有名な腋毛なんだ?

奥さん何にも言わないのかな……気にならないのかな…?

 

 

これは台湾人か中国人か……?


f:id:however-down:20210419003807j:image

 

 

あのね…こういう事がアジア人を差別する理由に利用されるんだよ。

 

 

見ての通り外国人


f:id:however-down:20210419004304j:image

 


f:id:however-down:20210419004644j:image

 

   腋毛ない方が美しく見えるって……

 

 

私は、世の中って“見た目100%”って何度も書いたけど、見た目が美しいだけで人間の中身の評価も加点されちゃうんだよ。

 

 

内村航平氏は昨日も優勝したし、更に腋毛を処理して素晴らしい演技と筋肉美を披露すれば、

更に日本人内村航平って言う国際的な評価も上がり、スポンサーも喜んで

引退してもそのまま雇用してもらったり………

 

そうなれば奥さんも安心出来ると思うのに

 

 

コーチとかが何か言わないのかと思ったけど、言ったら言ったでバワハラって事になり解任だしね…………

 

 

 

故に、私はそっとテレビのチャンネルを変えた。

 

 

 何て言うのか、日本の男は……

        ………あれだな、あれ

 

 

 

       ……………東方腋毛モジャラン星人

 

 

 

炎のたからもの

 

昨日の昼下がり

総務局へ行くと、バスツアーに行った子供達が昼寝中 (-_-)zzz

 

食堂の椅子に座って熱いお茶を飲んでいたら、男の子が一人半べそで起きてきて

 

 

「モモねーどっか行くの?結婚するの?」

 

『何所も行かないよ。ずーっと一緒にいるよ』

抱っこして頭をナデナテしたら、そのまま寝ちゃった。

 

 

 

嬉しいね……

私、この子に当てにされてるよ。

 

 

多分、先日のお袋専務の旦那が「結婚しないのか?」と聞いていたのを秘書の女の子が総務局で話した様で、

私が何処かに行ってしまうかと不安になったみたい……

 

 

私は何処にも行かない

 

私の帰る場所は、子供達や会社のみんな、ニャンコ達やワンコ達の動物家族が居るこの会社しか無いのだから

 

 

この子達は、

私に「胆力」の源を与えてくれる

 

 

私だって心が弱くなる事がある。

そんな時、頭の中にふわっと子供達が浮かぶ…次々と浮かぶんだよ

 

 すると腹の一番深い所から

   ワケの判らない力が漲って来る

 

 

    どんな時でも「力」がみなぎるんだ

 

 

子供達がくれるのは

    とても“小さな炎“

 


f:id:however-down:20210418112903j:image

 

 

それが集まって大きな炎になり

 


f:id:however-down:20210418115904j:image

 

   私を突き動かす「胆力」となる

 

 

私はこの子から

小さな小さな炎(ほむら)を受け取った。

 

小さくて柔らかい…でも力強く燃えてる“炎”

 

 

『モモねーは何所も行かないよ

      貴方が大好きだから』

 

 

私は………

  

   この子達の“安祥”の為に

        心を燃やし続ける

 

 

 

          …………鬼の始祖の誓い

 

 

 

仔牛に名前を付けない理由

 

………総裁日誌、記載途中

 

 

   もう産まれた仔牛には

       名前は付けないの……

 

 

そう牧場の小っちゃな女の子は言った

 

どうして?

 

 

名前を付けも直ぐに居なくなるから………

 

                   私は返す言葉が無い

 

 

今から4年程前、そんな事があった。

 

 

 

世の中が…

「魔ン棒(まんぼう)」のさなか、朝早くから総務局と後輩社長宅の子供達は、牧場見学に行った。

 

 

今回のツアーには、

 

 

 

       例の曹洞宗の雲水を同乗させてある。

 

 

 

この牧場主とはある葬儀で知り合ってからの付き合い。

 

この牧場には、約3年前位にも総務局の子供達が見学に来ていて、産まれたばかりの仔牛にミルクを飲ませたり、走り回ったり……

 

 

     そして「名前」を付けた。

 

 

先々週、その牧場主から

「あの二頭の牛、出荷したよ」と連絡が入り、今日の見学ツアーだ……………

 

 

 

…………………当社随一の「胆力」の持ち主…麻理鈴保安部長から連絡が来て、今は子供達も「心の折」も付いて元気になっているけど、中にはまだ落ちたままの子供もいるそうだ。

 

 

ツアーの目的は

「縁(えにし)」が強く結ばれた身近な者が死ぬとは「何故、命を頂きます」なのか「自分達が生きる為に、他を殺し続けなければ生きられない」

故に「感謝の心が大切なんだ」を実体験を持って理解させるきっかけにする為。

 

 

自分達が名前を付けた仔牛が、当然生きていると思っていたのに3年後に会いに行くと、当たり前に殺されて、食肉となってスーパーに並んでいる

 

大人だって結構衝撃を受けるのに、子供には断じて受け入れがたい事象。

 

 

帰り…バスに戻り泣いてる子供達の為に雲水を用意したってワケ

 

彼は悩みながら「典座教訓(てんぞきょうくん) 食事の大切さなとが説かれている」と「五観の偈(ごかんのげ)」を用いて

 


f:id:however-down:20210417120050j:image

 

 

「命を頂く事」に付いて子供達にも分かり易く説いた…………

 

牛の飼料を作る人、牛を育て出荷する人、賭場の人、それを運び加工する人、食肉を販売する人、調理する人……

後片付けをする人

 

そんな牛の命や、自分達の前に食事として並ぶまでに関わった人々の命の行いに、自分達は報いなければ成らない。

 

 

今、それらに報いる為に出来る事は

 

  「感謝する事」だけなんだと教えた………

 

 

 

……………子供達はお腹を空かせて帰って来た。

 

 

   総務局でのお昼ごはんは「すき焼き」  

 

 

暗かった子供達も明るく食べている

しんみりした暗い表情でマズそうに食べる事は、自分達が生きる為に犠牲になった者を侮蔑する事に繋がるからね。

 

 

雲水も子供達の為に肉食をしている

 

今日の出来事は

子供達…そして若い雲水をちょっぴり大人にした様だ。

 

 

           ……………禅道と猛烈な食育

 

 

 

私が結婚しないワケ

 

昨日の日中

遺骨を封じ込めたペンダント (全て法的手続き済み)を渡した………

 

 

……遺族が働いているお袋専務さん夫妻が

 

 

ペンダントのお礼に、わざわざ本部ラボへやって来た。

 

奥さんは、相も変わらぬ“お袋さんオーラ”を放ちその場が明るくなる

 

 

話しの中で旦那が

「大社長さんって結婚しないの?」と…( -_-)o

 

『私は全く興味が無いで~す』とだけど、はっきり言った。

 

 

お茶を濁すと、お見合い写真を沢山持ってきそうな雰囲気で、御免被る

 

 

私は本当に結婚には全く興味が無い

と、言うより全く男に興味が無い

 

もちろんレズでは無いが、男に興味が無い

故に、結婚はあり得ないんだよ

 


f:id:however-down:20210415234303j:image

 

 

        ほんまじゃ!ボケ

 

 

 

それに「遺産」の問題がある。

 

 

ぶっちゃけ

私はいーっぱい財産がある。

 

今でも一日20時間近く働いて、欲しい物も無いから使わない…だから溜まる

 

 

で、私に配偶者が居たとして

子供も無く、この配偶者より先に死んだ場合

 

私の「血と汗と職業差別と涙の結晶」である財産は、幾ら遺言を残していても(既に遺言は書いて保管、時々更新している)全て配偶者の物となる。

 

 

    私はこれが気に入らない。

 

 

私の財産は

会社や社員達と一緒に築いたものだ。

 

故に、私の遺産は、全て会社の内部留保として会社が相続し運用させたいってワケ

 

 

配偶者がどんな良い人でもね……

私は死んでも常に、会社や社員達、その家族達、動物家族達や近所の子供達

 

これらの人達と共にあるからだ…………

 

 

 

…………「だから結婚はしないの~」とお袋さん専務の旦那に言った。

 

そう言っても、女が何時までも一人ってわけにはいかないでしょう?

と旦那が返したら

 

「あんたは、黙ってな!!」とお袋専務さんが旦那の頭を思い切りひっぱたく

 

 

私が何を望んでいるのか?

私に取っての女の幸せは何なのか?

 

 

 奥さんは分かってくれた様だ。

    私が結婚しない理由をね………

 

 

 

大空を一人旅する遺体

 

今、私の前で40代の旦那が

     冷たくなって寝てる(o_ _)o

 

 

冷たくなった場所はヨーロッパのある国

 

死因は動脈乖離

現地のエンバーマが苦痛に満ち満ちた顔を直したみたいだけど、また元に戻っている

 

この激痛に歪みきった顔は、肺疾患の苦しみとは明らかに違う。

 

 

私は“死の安らぎ”に満ちた表情に戻す………

これは「死化粧師(しにけわいし)で納棺師」の私の仕事だ。

 

 

因みに現地に住んでる家族は、誰も来ない。

 

コロナ騒ぎで、現地に戻れるのは約一ヶ月後

仕事がある奥さんと子供達は、学校もあって現地宅を長い間空けるわけにはいかない

 

 

故に、現地の提携葬儀社と当社連絡所の女の子達と奥さんの三者で話し合い、帰国の飛行機には一人で乗って貰った。

しかも旦那には申し訳ないけど、便の都合上、貨物機だ (´θ`llll)

 


f:id:however-down:20210414235031j:image

 

 

まあ、それでも旦那専用のコンテナだ

 


f:id:however-down:20210415070109j:image

 

 

     個室なんだから勘弁して頂きたい

 

 

 

こんな時、現地で火葬をし、遺骨は海外の自宅安置で、帰国後に法要と先祖の墓などに埋葬する…なんて方法も考えられるけど

 

問題は現地の火葬方法。

 

 

日本では、言うなれば遺体をフライパンの上で焼く事で、故人の遺骨のみが残るけど

海外の場合は、目の大きな焼肉の網で焼く感じで、焼けた骨は下に落ちて、他人の骨と混ざってしまう方式の火葬炉が多いのと、さらに粉骨にされてしまったり……

 

故に日本人の場合、現地火葬ではなく、日本に体ごと運んで、葬儀、火葬となる。

 

 

しかし、死んで帰国した旦那はリモート葬儀の後に火葬されるが、そのまま日本で埋葬とは成らない。

 

 

日本に居る義理、血縁のある両親は高齢で、老健施設に入っていて、感染予防の為に外出も出来ず…

旦那も奥さんも一人っ子の為に日本で遺骨の引き取り人が居ない。

 


f:id:however-down:20210415064357j:image

 

だから……

遺骨の旦那は奥さんの居るヨーロッパへ、また大空を一人旅して帰る  Σ(・ω・ノ)ノ

 

 

海外生活が長かった旦那は

死んでも三段階スライド方式で外国で暮らす

 

 

これもまた「縁 (えにし)」なんだ。

 

大丈夫!遺骨になっても、帰りの飛行機でも混載コンテナでは無くて専用コンテナの個室

 

 

    快適な大人の一人旅だから…

 

 

        ……………数奇な「縁」……

 

 

悠仁さまと愛子さまが可哀想……

 

小室圭氏の事が話題になってる。

 

この方々には何も無いけど

小室氏の親!!息子の足を引っ張るなって……

 

 

息子は世界中に恥をかいてるぞ!!と、私は言いたいね。しかしまあ…他人の家の事、好きにヤレば良い

 

 

 

そしてこれも最近…安定的な皇位継承策を議論する政府の有識者会議なるもので、ヒアリングがあった。

 

 

 

これさ……何で今やるんだ?

   まだ悠仁親王は中学生なのに

 

 

天皇陛下崩御され、秋篠宮殿下が即位されて崩御され………

悠仁親王が即位されてからでも良いだろう、親王の時代までは道が出来ているのに

 

 

世間では令和天皇が即位されて以来「愛子内親王天皇に!」と、下火になった意見が再燃しているけど

机にナイフ事件があり、更にこれらの会議の事など学友が話しているのを耳にしたら……

 

「自分が産まれていなければ、愛子内親王が国民の大きな祝福をうけて天皇に即位する。

自分が即位しても国民に喜んで貰えない

自分のせいで両親、特に母(紀子妃殿下)が悪者になってる…

 

 

なーんて…アニメやドラマに出てくる事を本気で考えるよ。マジでね

 

 

愛子さまも同じ

「自分は何故、男に産まれなかったのだろう」ってね

 

 

 

私は皇室の皇位継承男系天皇でなければならないと書いたが…………

 

 

過去数名の女性天皇が在位していた事があったとは云え、2700年間の伝統がある家系であり、悠仁親王がおわすのだから、今は男系天皇で良いだろうと思っている……

 

 

………しかし、皇室……

立憲君主制を守る為とは云え、今、コレを議論するのを見ていると、

薄汚い権力者に翻弄され摩耗していく幼い国王に見えてしまう。

 

 

眞子さまと小室氏の件も然り、皇位継承の件も然り…

もう少し考えて議論して然るべきだろう

 

 

幾ら私達平民と違うとは云え

 

      人だよ人、人間!

 

 

そして、一人は思春期真っ盛りの若者だぞ

 


f:id:however-down:20210414070529j:image

 

 

私を含めた国民は、同じ一人の人間として、暖かくそーっと見守っていようよ