死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

吃音症(発達障害)の女の子が、副所長になれた理由。不得意な事はやらない法則

 

 

昨日、役員の女の子達は不得意で嫌な事はやらないと言う事を書いた。

however-down.hatenablog.com

 

不得意な事はやらない…

 

これは役員の女の子達だけってワケではない。

全ての子会社職員も同様。

その子会社に存在する以上、絶対に出来なければ成らない事……

 

遺体搬送なら車の運転と死体を触る事が出来る…とか

子会社の花屋なら花のアレンジと花卉市場に行くのが苦にならないとか……

 

これがきちんと出来るのならば不得意な事を無理にやらなくても良い。

逆に言うと基礎が出来ない社員は試用期間満了の遥か前でおしまい、基礎から懇切丁寧に教える殆どヒマではないからだ。

 

 

 

直轄技術ラボには2人の障害者雇用促進法の対象になる職員がいる。

一人は発達障害の男の子、もう一人が吃音症(発達障害)のラボ副所長の女の子。

 

彼女はラボ長の女の子が美大で見つけた子。

絵画と造形の腕前はとても優れていて、好きな事なら徹夜で何時までもやっている女の子。

でも無声型の吃音症で…殆ど声が出せず、吃音予期不安から人との接触を避けて何時も独りぼっち…うつ病になっていて……さらに筆談もあまり得意ではなかった…

 

ラボ長が少しずつ接触して心を開いてくれて、人体の欠損部位の作製バイトに来てくれるようになり……

…そのうち……ラボ長が『就職は如何する?』かを聞いたら

 

企業訪問のやり取りも携帯電話で話が出来ないから何もやっていない』との事で……

ラボの契約社員に誘ったそうだ。

 

この辺りまでの事は、私も後輩社長も専務も常務も…誰一人知らない。

子会社の採用は子会社社長のラボ長が勝手にやっても良い。

 

ここで皆に話がやってきた。

 

葬儀関係の仕事に体する世間一般からの偏見や差別は強い。

 

バイトに来てくれる子の中にも親に話したら物凄く怒られて辞めたとか、彼氏が気持ち悪がるとか、嫌われたとか……

周りの協力がなければ続けて行くのが困難な職種。

 

なので、必ず入社させたい人の両親に会いに行く。

この時は後輩社長とラボ長が彼女の両親に会いに行った。

 

両親は吃音症で娘が苦労するのをかなり心配していたけれど『どうか宜しく』と許可をくれて、彼女は晴れてラボに入社した。

 

技術ラボは外界との接触が殆どなく、あってもホールディングスの子会社からのメールと緊急の電話だけ。

 

 

入社した時にラボ長から

ウチのラボは不得意な事を無理にやる必要はない。

 

不得意な事を努力で克服し、人間的成長をしようなどはない。

 

ただ、社員間のコミュニケーションは絶対必要だから筆談で何でも出来る方法を見つけて実践してねと…


f:id:however-down:20180818103903j:image

 

彼女は…首から筆談用のノートとペンを下げ

持ち前の美的センスと超人的集中力で、製品としての作品を短時間で作り上げ、成功体験と自信を付けていったけれど……

会議で彼女が直接発言する事は超困難だった。

 

 

私はホールディングス全体会議では殆ど意見を述べない。

私が意見する事で変な同調行動や圧力が生まれる可能性があるから。

私は会議室の隅で…どこかの会長が用意させていた、ふんぞり返る事のできる『社長椅子』に偉そうに座り、話しを聴いている

 

吃音症の彼女も会議に出る様になり…何か言いたげで、ノートに書いているけれど発表出来ない。

 

そんなのを数回見た事があって……

イラついた私が彼女のノートを取り上げてプロジェクターに映し

 

『ねぇ、皆ちょっとこっち見な!』と注目させた。

 

彼女のノートには議題に対する意見と、その対案が書いてあって…皆から『おぉ~~』と歓声が上がった。

 

後で……

 

アンタ、ものを伝えたいならプロジェクターで伝えな!』と自分がイライラしながら言ったのを覚えている……

 

 

不得意な事はしなくても良いが、会社の利益の為の意見は発言しなければ成らない。

それを発言しないと言うのは会社に損害を与えているのと同じ。

 

何も吃音症を治せと言っているワケではない。

 

しかし…

 

発言は義務なのだから、不得意な方法以外のやり方で克服しなければならない。

そこには可哀想とか甘えた感情など無い

 

それから彼女は『言葉を発する以外の方法』で自分の意見を述べる事を模索…

文章の自動読み上げを使い会議て活発に意見言って確実に利益を上げ続け……

復元技術ラボの副所長になった。

 

彼女は堂々と『私は会話が出来ません』と言うカードを首から下げてスマホで外部の人々と楽しくコミュニケーションをとったり、ケンカまでする様になった。

 

彼女が働く事で明るくなれたのは不得意な事を行わずに済んだからでは無い。

 

不得意な事を行わない代わりに、得意な事や出来る事を考えて、不得意な事を努力と知恵で克服したからだ。

 

不得意な事が最重要な事で避けて通れない時…

不得意な事はやらない代わりに、得意な事や自分に出来る事を使い問題を克服しなければ、会社も仕事も人生も何も良くは成らないのだ。

 

彼女はAIを使って普通に電話での会話方法を模索している。

これが出来ればラボ所長だ。

 

彼女を動かしているのは『吃音症』の辛い経験から逃げる為ではない。

『成功体験と自信』だ……

 

 

 

 

画像は押見修造 先生の『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』よりお借りしました。

吃音症に苦しむ女子高生を描いた漫画家が、伝えようとしたこと

 

 

 

 

 

 

不得意で嫌な仕事をやめると生産性が向上する。『石の上にも三年』の法則リターン

 

 

『お前んとこのねーちゃん達、オマエに長々と明け方までコキ使われているのに何で辞めんのよ?

オマエの事だからヤツらの弱味でも握っているんだろ』

 

と………

 

『アンタと違ってカネにケチケチしていないからだ!ボケジジイ!殺して海に沈めてやるか?!』

 

先日の某葬儀社の社長と私との会話。

 

 

彼女たちの年収を考えなければ

      

       まさに『社蓄』だ。

 

 

でも、誰ひとり辞めない理由は別にある

ウチの会社は

最低限、普通の遺体の着替えと納棺さえ出来れば

『不得意な事、嫌な事はやらなくても良い』

『得意な事だけやりましょう』だからだ。

 

例えば、専務を始め営業の6人は、

6人で考えた営業トークをおもしろ可笑しく実践し結果を出して営業をする事だけを行って

 

苦手な気持ちの悪いバラバラ、ぐちゃぐちゃ、鬼化、腐乱などの遺体は、一番最初に確認の為にチラッと見たらその後は見たり触ったりしなくても良い。

 

 

死体愛好者の技術の2人は、

死体を自分の芸術作品として仕上げて悦には入る事だけを行って

不得意なオプションをとり葬儀単価を上げる営業努力はしなくても良い。

 

 

 

それぞれ『やりたい事』『得意な事』だけをやるので成功体験が莫大に多く、また、それぞれの得意な事を、周りにあてにされるから自己重要感が満たされて、時間など関係無く楽しくなる。

 

 

以前『石の上にも三年』について書いた。

 

 

however-down.hatenablog.com

 

 

同じところに3年もいれば自分に向いているのか判るでしょ。向いていなきゃさっさと辞めなって事。

 

 

仕事だから仕方ないと向かない事、嫌な事を無理やり続けさせられると、

どんなに給料が高くてもイヤになって辞める……若しくは『うつ病』などになって最悪で過労死してしまう。

 

妖怪人間のおばさん議員が言っていた生産性が低下する

 

当然、一度は試してみるけれど向いていないと思ったら直ぐやめる。

 

失敗体験を積み重ねても変なトラウマになるだけ。生産性が落ちてしまう。

 

彼女たちは

ここをこう復元してくれれば、遺族にこう話しをして、こんなオプションサービスを附加できるから宜しくとか

新しくこんな復元方法を確立したから、応用営業してくれないか?とか協力しあう。

 

対立など一度もない。

自分の得意な事で頑張り、お互いをリスペクトするからだ。

 

今だ日本には『根性論・精神論』がまかり通る。

 

嫌な事を我慢して…我慢して…出来る様になって…後輩に教える時に…

『自分はこんなに苦労したのだからオマエも我慢しなければならない』と、いつの間にか

体育会系特有のパワハラが始まり、それが当たり前になって腐っていく。

 

もう根性や精神で何とかする時代は終わりを告げた。

 

上手く行かない事があるのなら意地を張らずに一度試しに止めてみては?


f:id:however-down:20180816235434j:image

  貴方に出来た盲点に気付くかもよ……

 

 

『風化』させない事より『教訓』を得る事…それを『語り継ぐ』事

 

昨日は終戦の日

 

記念日などと言うと生前予約をしてくれている戦中派、戦前派の生き残りのじいちゃん、ばあちゃんに嫌な顔をされる。

 

生前予約をくれたじいちゃんばあちゃんに時々戦中戦後の話をされる事がある

 

空襲から命からがら逃げ延びた…

食べ物も無く…あの頃は大変だった…

戦争はもう懲り懲りだ……と私達に話をする。

 

でも……ピーンと来ない。

 

知覧の特攻平和会館を見ても

可哀想とは思うけれど隊員の本当の気持ちなど判らない…

 

感覚や感情というものを伝えるというのは非常に難しいからだ。

 

様々な事件.事故.災害を

   『風化させてはならない』と言う

 

しかし

それらは時と共に風化し忘れ去られる。

 

どんな悲惨な出来事でも

幾ら『風化させてはならない』と訴えても、

当事者が、その出来事に依り…得た本当の感覚や感情は誰にも伝わらないからだ

 

二つの原爆の記憶を始め

関東大震災阪神淡路大震災東日本大震災熊本地震、土砂災害、噴火などの災害や事件、事故……

 

その時の出来事として人々の記憶に強く残っているけれど、時と共に忘れ去られる

 

戦争も震災も事件も事故も必ず

風化し人々記憶から

ただの記録に変わっていく。

 

だけと……遺るものもある。

 

      それは…『教訓』

 

 

関東大震災の折に大火災が起きた。

だから…地震が来たら『火を消す』という教訓。

 

過去に東北で起きた津波から

津波てんでんこ』という教訓が生まれ、それにより奇跡が起きた。

 

大切な事は『風化させない事』より

  事象から『教訓を得る事』なのだ。

 

教訓を導く事が出来るのは、起きた事象の当事者だけ。

 

その辺にいる

一般人やマスコミや評論家などが『教訓』などと、偉そうに語っても誰の記憶にも残らない

 

事象の被害者や当事者の方

 

語り継ぐ『教訓』を導き出す事が出来るのは貴方達だけなのですよ。

 

風化は早い……記憶から記録に変わる時間はそう長くはないのです………

f:id:however-down:20180815223419j:image

 

あなたは教訓を、あなたの大切な人々に伝えましたか?

 

 

 

 

死んだ子どもに寄り添う母シャチ…死んだ子どもに寄り添う人の母……あなたの為というイジメ

 

私もひとり感慨にふける事がある

 

CNNに以下の記事があった

 

太平洋東部で死んだ子どもを追悼しているとみられる母シャチが、子どもの死後2週間以上が経過した今も死骸に寄り添って泳ぎ続けていることが分かった。当局が明らかにした。

科学者によると、クジラやイルカ、ゾウ、シカといった哺乳類の間では悲しみに暮れる様子がごく普通にみられる。

CNN.co.jp : 死んだ子どもに寄り添う母シャチ、「追悼」2週間を超す 太平洋

CNN.co.jp : 死んだ子どもに寄り添う母シャチ、死骸放し「悲しみの旅」終える

 

死んだ子を離さない母シャチ……

ミイラになった子を背中に乗せる母猿…

 

    当然、人の母親にもある事

 

生まれ付きの病気や生まれてからの病気、死産、流産……様々な死因があるけれど

 

私達から見ても一番衝撃なのは

 

       『突然死ぬ』事。

 

 

以前、新生児突然死で亡くなった女の子の葬儀を受注した……

お母さんが赤ちゃんを抱いたまま離さない。

 

警察で検死の為に無理やり赤ちゃんを取り上げられて、帰ってきた赤ちゃんも傷だらけだった為に狂乱……

長引くと腹を括り…

お母さんが睡眠薬で寝かしている間に赤ちゃんをプロテーゼやある程度以上の防腐処理を行い、

ドライアイスを騙しだまし入れさせて火葬を13日後に遅らせた事がある

 

こんな時、周りの人々は…

何処かのテレビ番組で聞いたセリフの

 

早く気持ちに整理を付けてとか

泣いてばかり、悲しんでばかりでは子供は安心して成仏出来ないとか

前を向いて生きてとか

 

『あなたの為に』という名のイジメをする。

 

だから私達はそんな人達から

他の遺族や親族弔問客から、身を呈して徹底抵抗してでもお母さんを守り通す。

 

自分の子供が死んで悲しむ事のどこが悪い

自分の子供の死を受け入れない事の何が悪い

気持ちに整理を付けない事の何が悪い

 

誰も死んだ赤ちゃんを大切に思ってなどいないくせに…

 

その証拠に…死臭がして変色しかけた赤ちゃんを

気持ち悪いと思い、抱いて寝てあげる事すらできない

 

子供を失った母親を癒やす事のできるものは時間だけ

 

それはシャチでも猿でも…そして人も同じ

 

時が心を癒やす事で

目の前にある現実を受け入れる事ができ…

シャチも猿も人も死んだわが子を自然に委ねる


f:id:however-down:20180815000018j:image

 

私たちの仕事は、時間が母親を癒やすまで…

一人になっても母親と遺族を守り抜く事だ

 

       女の意地にかけて……

 

 

ある家族葬の不思議な葬儀代金について。最後に言質を取ろう!

 

終わりよければ全て良しと言うけれど……



f:id:however-down:20180814001849j:image

 

 

昨日、こんな記事を見つけた

なぜだ!葬儀代100万円のはずが210万円に…実物明細で検証! | Smart FLASH[光文社週刊誌]スマフラ/スマートフラッシュ

 

請求書にいつの間にかにパックに含まれない料金が合算され請求されたヽ(`Д´#)ノ

と………

 

世間でありがちなクレーム…(+。+)

 

この画像がうちわけ


f:id:however-down:20180813154508j:image

 

これ…ノルマがキツい葬祭デレクターと呼ばれる営業員がいる…

某大手の内訳書の様式に似てる様な……

 

これだと遺族は内容が理解しにくいのと、

別に請求されている料金がボリ過ぎかな

 

 

家族葬を施行したみたいだけど…

 

まず…火葬料。

何処から12万円って出てくる?

 

都内公立火葬場で3万円~6万円+手続き手数料で6万5千円から7万円。

それ以外の自治体で指定都市住みだと1万円から3万円以内、それ以外でもせいぜい6万円。

これが妥当な金額かな……

 

民間の火葬場だと炉の部屋ランクで10万円を遙かに越える所もあるけれど一般的ではない。

今回の場合は…葬儀社側が遺族に黙って高い火葬炉の部屋を使った様な気もする。

それか…待合室かな?

 

そうではなかったら完全に上乗せし過ぎ。

 

 

 

次に…遺体保全や音響代など40万円?……

 

普通は音響代などは基本パック料金に含まれているもの

『音楽を何か流しますか?』と聞かれて『不要だ』と言う遺族はいない。

 

司会アナウンスの音響機器も同様に基本パック料金に含まれるものだ

 

もし、この遺族が『音楽は流さない』と言ってもアナウンス音響機器代として請求されたはず……

完全に代金を別に請求するつもり……

 

遺体保全は1日当たりのドライアイス代を明記しなければならないね。

 

遺族が何処住みか判らないけど、都内だと火葬までまず4日間待ち。

 

その間のドライアイス代と消臭剤を自宅まで行く手数料を入れて1日当たり高くてもせいぜい2万円位。

湯潅もなかったそうだから、

40万円は完全に過剰請求って感じ。

 

 

次に…生花10万円?

 

これどこに置く花?

花祭壇のスプレー菊など、通常は祭壇一式に含まれているはずだね。

花が少ないと見栄えが悪いと言われて発注したのかな?

10万円の花は祭壇いっぱいの量なる。

 

料理、返戻品35万円

 

これは親族が斎場やホテルに何人泊まるかで変動する。

当日に香典返しを渡すとして、香典より安いものだし、

引きものも親族一家族に一つだからね。

後は通夜振る舞いや朝食、昼食だからこんなもんかも知れない

 

 

しかし、この内訳書の別料金を見る限りどう見ても、料金を請求し過ぎだね。

 

よく、何処かの『あきんど』が『三方良し』とか言っているけれど、

 

商売で最も大事な事は……

   『代金を確実に回収する事』だ。

 

ノルマ達成の為に無理にオプションを付け加えても遺族が支払えなければ

代金が焦げ付く』ってワケ。

 

当社は絶対に無理をせずに確実に葬儀代を回収する。

 

当社子会社がこの遺族より葬儀を受注したならば……

 

葬儀代一式(基本パック)

※食事代、香典返し.引きもの代、布団代は含まず。

遺体保全用のドライアイス代1日当たり1万5千円

 

見積書は計算し易い様な欄を作り食事代、香典返し.引きもの代、布団代を含めた金額を遺族自ら計算し易いようにする

 

そして遺族が計算した見積額を越えない様に、端数を値引きできる様にしている。

 

こうすると他の親族などか生前予約をくれたりするのだ。

 

 

今回の家族葬

引きものを渡す親族が10家族、参列者数が30名の家族葬なら……せいぜい総額140万円位(税込)

(本音では200万円請求したいけどね……)

 

遺族はこの他に宗教代がかかる。

坊主の目安額にも依るけど、院号つけたり下手すると100万円とか……

まぁ、坊主代を合わせて220万円位になる。

 

 

 

これは連結子会社の葬儀社で施行させる葬儀だ

葬儀本部が直接施行する葬儀内容とは世帯経済層が異なる為、全く当てはまらない。

 

 

葬儀社っていうのはすぐにやって来る『リピーター』を考える必要がない。

 

だからこの様な料金を請求する事がある。

 

この様な料金を請求するのは葬儀社の売れない葬祭営業員と、受注数が少ない個人商店の葬儀屋。

 

 

この遺族みたいに成らない為に……

 

最初に見積を決めたら

 

『この他に一銭もお金はかからないよな?』

『追加料金は発生しないよな?』と

 

 

    必ず『言質』を取る事。

       これが大切です

 

 

 

 

 

貧困を生む介護離職をさせるな!!ロリポップ常務の肝っ魂

 

昨日の夜遅くロリポップ常務から

自分が社長やっている遺体搬送子会社2社の社員就業規則変更案を

役員全員に2時間で決算する様に催促する様に連続が来た……(o_ _)o

 

内容をみたら福利厚生部分に

 

介護休業』と『施設入所斡旋と補助』が付け加えられていて、

予算から手順、第2案…他の子会社就業規則との整合性…まで書かれていたので決済した。

考えてみればホールディングスには介護休業について規定が無い。

 

早朝、彼女に話しを聞いたら

子会社のおじちゃんが

親の介護をしなければならないから退職する』と言ってきたそうで

 

このおじちゃん、以前…

親の介護で睡眠不足、回送中に物損事故を起こしてしまい…

この先迷惑かけるから退職すると……

 

 

世間には様々な事情で介護離職する人が居るけれど、

辞めた後、親の年金だけでは極貧生活になるし、親が死んだら年金は無い。

 

自分が年金を貰える年齢になっていなければ働かなければならず、仕事がなくて、生活保護が貰えなければホームレスだ。

 

しかも……現行では

休業日数も93日で介護休業給付金もそれで終わり。

この日数で親が死ぬのなら問題ないけれど、生きている場合、復職など出来るものではない。

どう考えても介護施設に入所させないと生活が破綻してしまう

 

世間の介護離職した人々はこの際どうでも良いけれど、

ロリポップ常務は自分の社員が介護離職で疲れきって自殺など絶対にさせない

 

彼女は社員の自宅から遠距離でも介護施設に入れる事を条件に、

施設料金の三分の一を補助する事を規定し、介護離職をしなくても良い様に付け加え、

既に施設を見つけておじちゃんが今日行く事になっている。


f:id:however-down:20180812223917j:image

 

介護離職を一人も出さない……

ロリポップ常務は、あのおじちゃん達の生活を守ろうと必死だ

 

 

 

現在、彼女の直接の社員は26~56歳の兄ちゃん~おじちゃんが33人。

 

彼女が子会社社長に就任した時……

おじちゃん達は私の影にビクついてロリポップの指示に従ってきたけれど、今は違う。

 

おじちゃん達の生活を守ろうと必死なロリポップを反対に守ろうとしている。

 

 

こんな女の子はそうは居ない

 

     だからこそ……彼女は強い

 

 

 

 

大好きな…ごみちゃんとうさちゃんと…私と父と…社員と子供達

 

 

世間では土曜日からお盆休みの方が多いけれど

無常の暴風』の影響を受ける私達には決まったお盆休みはない

 

昨日、この時期の毎年恒例行事の

子供がいる子会社社員とその子供達を集め子会社の新作和菓子屋の発表会を開催した。

(半強制的な感じなので、親にはちゃんと特別出勤手当てを支給。子供にはお盆玉をあげている)

 

 

これには『施餓鬼会』の意味もあり、

皆が来る前、和菓子に直轄子会社社員と私で『開甘露門(かいかんろもん)』を経読してある。



f:id:however-down:20180812074153j:image

死後に行く場所が仏教的にあるとして…

まぁ、門徒キリスト教徒もエホバもイスラムもババイも何でも混ざっているけれど

年間約6500人以上の死人と関われは当然、餓鬼道に行った人もいるわけで……

 

彼らにはガッポリ儲けさせてもらっているのでそのお礼の意味もある。

 

 

 

 

会も終わり…

みんなお母さんやお父さんと手をつないで帰って行く……

 

私も遙かな過去…ごみちゃんとうさちゃんの様に…

ホントにこんな風に…


f:id:however-down:20180812071914j:image

 

……父と手を繋いで散歩やお買い物に行って、母に内緒で一緒に公園でアイスを食べた

このまけもけ大先生のイラストを見ていると…

いつも昔を思い出してしまいジーンとしてくる…


f:id:however-down:20180812071930j:image

 

社員達は幸せそうにしてくれている……

 

私は社員達を連れてもっともっと遠く遠くへと歩いて行く……


f:id:however-down:20180812105953j:image

 

父や母は既に居ないが、大好きな仲間達が居る

私は10人の仲間達と両手を繋いで…何処までも遠くへ歩くのだ…

 

 

 

 

 

荒んでしまった私に、毎日もんにょりとぐわぐわとニョニョと…安らぎを与えてくれる…

まけもけ大先生のブログです。

皆様、ご一読下さいませ

www.gw2.biz

 

www.gw2.biz

 

 

まけもけ大先生様、画像拝借させて頂きました。心から感謝しています。