死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

暖かな…優しい光の揺らぎの中で…見つけるべきもの

 

 

無常の風は

万物、万人に公平に吹きつける

働き盛りのお母さんにも…公平だ

 

ある姉妹のお母さんの直葬で間もなく出棺……

 

 

 

自宅は古いアパートの2階で…当社グループの遺体ホテルの3畳部屋に安置。

姉妹は火葬の日まで交代でお母さんのそばに付いて過ごしていた。

 

そして昨日…吹き抜け天井の四畳半の極小式場から暖かそうな淡い光が見えた。

 

 

覗き見ると……

小さなLEDキャンドルが大量に並べられた祭壇が作られていた。

 


f:id:however-down:20180912013942j:image

 

……ピアノの練習を装い2部長が弾いている…

QUEEN

   Somebody to Love ~

     Love of my life……が聞こえてくる

 

後で亡くなったお母さんが好きな曲だと2部長が言っていた。

 

その中で家族三人水入らずで最後の晩ごはん……

 

部屋から明るい笑い声が聞こえてくる

 

 

棺の中のお母さんの顔も優しく照らされている様に見えた……

 

 

あの…柔らかな…優しい光の揺らぎの中で…

彼女達は『愛すべき人』を見つけられたのだろうか?

 

人それぞれの送り方がある……