死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

ワルキューレが女の意地で守るもの

 

昨日の昼過ぎ…

 

近郊で納棺の儀を施行するのと、

専務が私達に作ってくれたお昼ご飯を食べに、総務子会社に立ち寄る

今時期は夏休み期間なので、社員の子供達がお母さんと一緒に出勤してくる……

 

今日は赤ちゃんと、以前、私に花の冠と四つ葉のクローバーをくれた女の子が居た。

 

 

however-down.hatenablog.com

 

 

みんなで専務の作ってくれたお弁当を丸いテーブルでワイワイ楽しく食べる……

もちろん神猫カルテットも一緒。

 

専務がにゃんこの為に作った『にゃんこご飯』

 

 

 

ここは…

私が歩く『修羅の道』の麓にある小さな茶店…… 

だから私もしばしの間

肩に食い込む全ての荷物を降ろす

 

 

お弁当食べ終えたら…みんな眠くって…

随行秘書の女の子…運転手のおじちゃんはイビキかきながら…

赤ちゃんはウズメちゃんが、肉球の匂いを嗅がせて寝かし付けてる……


f:id:however-down:20180807072901j:image

 

私も寝ていたら……いつの間にか横に女の子が寝ていた。

私の襟元をギュッと掴んで………

 

 

私達は全員で、小さな茶店の砦(とりで)を守る…

 

        『防人(さきもり)』

       

そこにある無償の愛は、修羅の中にあってキラキラと光り…透き通っていて…重い……

 

でも…何が来たって守り抜く

 

       女の意地に掛けて……