死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

朝のナパームは格別だ…私の好きな格言

 

本日、組合の会議があり……

やっぱり今日も爆発したp(`Д´)q

 

組合は私達派、会頭派、日和見派に別れ、いつも私達と会頭が喧嘩する。

 

会頭曰く

『オマエは年上や先輩や目上の者を敬え!』だそうで…

 

以前、私達に会社として力が無かった頃、

仕事が欲しけりゃ…ヤラせろ…とか

 

セクハラもパワハラも何でもあり。

潰されかけた事もあり…

 

でも力関係が逆転した今は…

『徹底的に仕返し』している。

 

返済期限を決めていない貸付金を今すぐ返済させるぞハゲ!とか…

 

私は無言の圧力で土下座を強要する。

 

日和見派は『またやってるよ…バカども』って顔しているけれど、

 

今ではある意味、私のストレス発散の場でもある。


f:id:however-down:20180416164940j:image

 

地獄の黙示録キルゴア中佐は言った…

『 朝のナパームは格別だ…』


f:id:however-down:20180416165053j:image

 

久しぶりに会場がシーンとなった。

 

うぅ~ん…朝のナパームは格別だった。

 

終わった後…

車の中で随行秘書に

 

『最近、総裁の言葉は下品に成りつつあるよ。嫌味はもっと上品に』

 

と怒られてしまった( ̄0 ̄)

 

古くから在る職種は相撲協会のように陰湿なしきたりが未だにまかり通る…