死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

桜の花びらは命のはかなさを象徴する…

今週のお題「わたしの春うた」



桜は春の別れを連想させる。


先日も記載したけど、私達の葬儀の最大の特徴は『音楽葬』。

however-down.hatenablog.com

あらゆるジャンルの演奏、歌唱を行う


音楽葬で大切な事は…各式で
紅白歌合戦』で大トリが歌い終わった時の爽快感を参列者に感じてもらう事。


春…この歌は19歳で逝った女の子の告別式、最後に完全フルバンドで演奏した思い出の『春うた』


武藤彩未 -チェリーブラッサム(松田聖子カバー)DNA1980

松田聖子さんのチェリーブラッサム
(動画はオリジナルより可愛いくて若々しいので
武藤彩未さん)


この曲は…

彼との約束を胸に、新しい世界に希望いっぱいで旅立つ女の子の歌。


最期の別れは悲しく送らなければならないとは限らない。


葬儀の打ち合わせで、遺族や友人に彼女の事を聞くと…

とても明るい女の子。

『天真爛漫』という言葉がぴったりの女の子だった。


こんな女の子に哀しいだけの別れは似合わない。


涙を払い明るく元気いっぱいに送り出すのだ…


演奏中…感極まって…
遺族、友人、参列者そして当社の歌唱担当者まで泣きながら歌った曲。


とても良い送り出し(出棺)になった

f:id:however-down:20180415172117j:plain


桜の花びらは命のはかなさを象徴する…