死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

あえて問う…拉致問題が解決すると本当に思っている国民はどれくらい居るのだろうか…

 

私達の会社は8人の平均年齢25歳の小娘が…

二社の直轄子会社以外の連結子会社にいる多数の自分達の父親と同じか年上の男達を服属させているホールディングス。

私達は平和主義者でも無いから邪魔をされれば平気で潰すし、周りの同業他社と仲良くしようとも思っていない……

 

まるで昔の帝国主義と同じだから、私達はそれらを統治する為にあらゆる国家の政治や政策を参考にし咀嚼し、

絶対にナメる事無く連結子会社や同業他社との交渉や折衝を行い、物事を当社に有利に進めていく。

当然、下記の拉致問題も政治駆け引きの例として討議している

 

 

アメリカのポンペオ国務長官金正恩氏に「拉致問題」を提起したそうだ。

正恩氏に「拉致問題」を提起 ポンペオ長官明らかに - FNN.jpプライムオンライン

 

しかし…全ての当事国政府は本当に『拉致問題』を解決しようとしているのだろうか……

 

私達はそうは全く思えない。

 

 

私達の会社は仕事柄、在日・駐在・留学生の朝鮮人や中国人と数多く葬儀行為で関わる。

 

私達からみた彼等の特徴は……

中国人は自分のメンツが最重要。3人居れば取り返しが付かなくなる勢力になる。

そして朝鮮人常に自分と関わる者に対抗しうる『後ろ盾』を求め、後ろ盾が有るか無いかで態度が180度変わる。

 

これは中国と地続きという環境の中…

有史からの彼等が置かれた状況で、朝鮮人が生き残る為の知恵であり気質。

大陸と海で隔てられた日本人には理解出来ないものだと私は思う。

 

 

現在の韓国、北朝鮮の後ろ盾は、それぞれアメリカと中国。

そして日本の後ろ盾はアメリカだ。

 

 

アメリカが日本人拉致問題を提起しても何の『利』は無いし、例え拉致被害者が殺害されたとしてもトランプ氏の支持率には何の影響もない。

しかし敢えて提起する事で、日本に『アメリカが唯一の窓口だ』と思い知らせ恩を売る事もでき、イラン問題などや貿易問題で日本を従わせる圧力にもなる。

 

 

北朝鮮にとっても拉致被害者の事などどうでも良い事。

しかし、協議に応じる構えを見せる事により韓国、日本の後ろ盾であるアメリカに近づき『圧力などかけたら何時でも交渉など辞めてやる。そうすれば拉致被害者は帰らない』『駒は北朝鮮が握っている』と言う状況を作る為だ……

それに…アメリカに接近する事は、後ろ盾の中国の過剰な脅しに対抗しうる駆け引きになる。

かと言っても中国、ロシアへのへつらいは忘れない

北朝鮮:中露に接近、米国をけん制 - 毎日新聞

 

 

 

そして日本……

小泉純一郎氏の訪朝で拉致被害者が帰って来た時以来……

ハッキリ言う。現在、拉致問題について本当に関心がある国民は何パーセントいるのだろうか。

 

しかし…拉致問題は重要な問題であり間違っても『どうでも良い事』となど絶対に言えない、言わせないと言う『同調圧力』が行動動機の源の様に思えてならない。

だから『拉致問題を解決しよう!』と言い続ければ政府はそれ程、非難される事もない……

 

つまり……アメリカ、北朝鮮は交渉失敗でも構わないし、日本政府も日本から話しをこじらせなければ国民からの批判も変わらない。

 

解決しなくても、どの国も損しないのだからどうでも良い、

どうでも良い行動だから解決させるつもりは無いのだと私は思っている。

各国政府に振り回される拉致被害者家族はたまったものでない

 

 

それに…

そもそも日本には北朝鮮に対する交渉力は無いに等しい。

日本の経済規模では経済制裁などさほど影響など無いし…それに、日本は自ら戦争を起こす事が出来ないからだ。

 

つまり、北朝鮮に対し軍事力でメッタメタにしてやると恫喝が出来ない。

後ろ盾の中国にも『介入したら先制核攻撃で皆殺しだ』と力の恫喝が出来ないからだ。 

 

外交を有利に運ぶには経済力と軍事力とが必要な要素。

 

軍事力に頼るのは政府と政治家とそれらを選んだ国民の無能を体現しているとか、

オマエは戦場で戦った事もない、悲惨さも判らないのに偉そうな事を言うな!

とか言う人間がいるけれど………

 

自ら戦争が出来る事と、実際に戦争をする決定をし、行動するのは全く別物だ、

偉そうな事を言うなと言う人間だってそんな事は判らない。

 

 

現に北朝鮮核武装する事と中国を後ろ盾にする事で、アメリカと同じ土俵に立つ事が出来たし、

平気で韓国や日本などを軽んじる事が出来る。

 

この先制攻撃と軍事力による具体的な恫喝が出来る軍事力を持たない日本が

拉致被害者を返せ!』と言ったところで誰一人北朝鮮の人間は日本政府など相手にしない。

 

日本政府は…

私達の曾祖父さん達が何故、帝国主義時代を乗り切る事が出来たのか?

何故、太平洋戦争に突入する事が出来たのか?をそろそろ考えて実行しなければ、のち100年の悔いを残す様に私は思えてならない


f:id:however-down:20181010065516j:image

拉致被害者家族も高齢者になってしまった。生きているのに生きて再会出来ないは悲劇だ……