死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

ベガ星人が清水富美加氏なら…実は私、メトロン星人です…ではダメなのか

 

無限に広がる大宇宙……

私達が住む地球も私達も…また宇宙だ……

 

原初の地球から現代まで…

コリン星人、宇宙人ジョーンズ、宇宙人デーブ、プレアデス星人…様々な宇宙人が来ていたそうで……最近はベガ星人が名乗り出た。

 

 

私達の会社には大川隆法氏が書いた本と月刊誌が殆ど揃っている。

しかもタダで……某信者が熱心に私と後輩社長を精舎に誘う時に必ず持ってくる。

近々、映画の宣伝に来るだろから、その時に新しいUFOの本を持ってくるだろう

 

当然、彼らをディスる為に全部読んでいる。

 

 

最近、熱心に読め!と持ってきたのはなんと!

死後2日目に本人にリーディングしたと言う

公開霊言 女優・樹木希林』だ。

 

鳥肌と首筋が痒くなったけど、フィクションとしては中々面白かったね。

 

あと…坂本龍馬や小保方氏など…都合良くその時々の話題性のある人を引き合いにだす

 

全世界の信者が買うワケだから凄い売り上げになる

世間一般が信じようとしまいと1200万人の信者が入ればミリオンセラーだ

 

その外に様々なセミナー、祈祷などで莫大な利益が上がる。原価は僅かな人件費だけだからね

商人 大川隆法氏と指導部の行動力と実行力と実行速度は、ホントに見習わなければならない。

 

 

でも…問題は信者。

何をどう信仰しようと憲法で保障されているのだから良いけれど

 

宇宙人は驚いたね……

しかも、それを信者は当たり前の様に信じている。

信者の間では清水富美加氏は本当にベガ星人だ。

 

 

精舎には様々な祈祷やセミナーの案内がありしかも高額なモノが多い。

これを人生が上手く行っていない信者が受ける…

そんな人間がセミナーなど受けても何も変わらないのに……

そして引き篭もり…信者仲間にも忘れられて一人寂しく死んで行く…

 

 

いま、後輩社長の前で腐って寝ているおじさんもその一人…。

遺族の初老の両親が変な宗教に騙されたと言っていた。幸福の科学の本や雑誌沢山あったそうだ。

 

なのに…

腐ってる本人は…それをわからず、何故か彼は私の横に居る。

この腐った故人は『科学』とは?から学び直した方が良い。

 

それに清水富美加氏がベガ星人だと言うのなら…

  実は私は…メトロン星人でも良いのだ


f:id:however-down:20181008225309j:image

 

樹木希林氏は『あの世はあった』と言っているのに

顔色も良く、私と夜のコーヒー飲んでるアンタは何なんだ?ってちゃぶ台でジックリ教えてやるよ。

 

信じる者は救われず…だな

         

        馬鹿みたい……