死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

ゲイとレズとバイにあえて言う!!

 

皆さんご存じの通り、LGBTの記事で揉めた新潮45が廃刊になったようで……

 

でも……杉田氏の投稿内容ってぶっちゃけ

他の政治家の失言より気に成らなかったのではないだろうか?

 

世間が騒いだのはホンのひと時で…

マスコミの話題作りにLGBTの人間が踊らされただけの様に見えるのは私だけなのか?

 

なんか…まるでSEALDsの連中と同じに見える。

 

世の中の人にとってLGBTなど差別されようとされまいと、どうでも良い事なのだ。

 

 

 

でも結局…今回の騒ぎで一番得したのは

 

      『LGBTの人々』だ

 

自らはお金をかけず、日本中に啓蒙活動が出来たのだから。

差別記事を書いた杉田氏と掲載した新潮45にはある意味感謝しなければ成らないかもよ。

 

彼女が書いて新潮が掲載しなければ、こんなLGBT啓蒙活動など起きなかったのですよ。

 

政府も彼らゲイとレズの同性婚をサッサと認めれは良いのに。

 

 

そもそも結婚を認めても認めなくても、彼らの間には人口を増やす生産力だけは持たないのだから。

 

廃刊が決まった後…以下の画像の通り(毎日新聞の画像)『静かなデモ?』だかがあった様で…

f:id:however-down:20180927032935j:imagef:id:however-down:20180927033233j:image

 

この下の画像に写っている奴のカードに…


f:id:however-down:20180927033347j:image

 

    『休刊で済むと思うな新潮社』

          

        と書いてある。

 

 

事実上『廃刊』になったのに…

どうすれというの?

新潮45関係者は責任取って死ねば良いのか?

 

 

前の記事にも書いたが、

彼らだって必ず誰かを差別しているのを棚に上げ、自分達の事だけは許せない…のなら

 

私は『恥を知るべき』なのは彼らだと思う

 

これからわざわざ税金まで使ってもらえるのに…これならSEALDsの連中と同じだ。

 

こんな人達の為に…

人では無い『エタ、非人』と差別される私達が支払った税金を使われるのは、私は全く納得出来ない。

 

彼らの中で、ホントに苦しいのは『T』のトランスジェンターだけだ。

レズだかゲイのなどの連中は、恋愛対象が同性なだけ。

同じマイノリティの同類を探すのに苦労するだけで、あとは楽しくやっている様にしか見えない。

 

頭の悪い杉田氏も『彼らゲイとレズには子供を増やす生産性が無い』と言っているだけ、他の事は言ってはいない。

 

それでも税金を使うならトランスジェンターの性同一性障害の人達の為だけに使って頂きたい。

 

私達は自殺した性同一性障害の人の葬儀をたまに受注する…

特に世間を気にして…ひっそりと火葬だけとかね……

彼らトランスジェンターはそんなに仲間がいるわけでは無い。社会的にもまだまだ認めてはいない。本当に孤独なのだ…

 

彼らトランスジェンターが望む性を社会が受け入れる為に使うなら有益だけど、

ゲイやレズに使うのは税金の無駄遣いだ

 

国や都はもう少し考えて税金を使え!!