死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

貴方も…いつか死ぬよ…春のうた…白骨と桜と蓮如と紀友則

今週のお題「わたしの春うた」

春は冬に縮こまった生命を暖める優しさと力を持った季節。


日本には和歌という『うた』もある。


久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ

           紀友則古今和歌集


光溢れる春なのに、何でさっさと散ってしまうの(桜)~っていう意味。



これは私が春の通夜で葬儀司会を担当するとき好んで使う私の『春うた』だ。 




桜の花はその潔すぎる散り方なので、よく『命のはかなさ』に例えられる。



浄土真宗蓮如が書いた御文『白骨』の一文に


朝(あした)は紅顔ありて、夕(ゆうべ)には白骨となる身なり


というのがある。


この白骨の御文も浄土真宗系の通夜で必ず詠まれる。


朝、元気な顔で出掛けた人が、その日の夕方には、見る影もない姿になってしまう



ひとたび無常の風が吹くと…人の命も


『しづ心なく 花の散るらむ…』だ…


無常の風は生きとし生けるもの
          全てに公平に吹き抜ける……