死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

『やってTRY』女は料理できなければ恥ずかしいのなら、恥ずかしい男ってどんな奴?

 

東洋経済に『噂の東京マガジン』のコーナーについての記事があった。

 

 

この『やってTRY』については私もかなり前にムカついて書いた。

 

 

このコーナーがもう30年も続いているとは思わなかったけど……

まぁ…30年前、女は『良妻賢母』っていう価値観が普通で、

男は『質実剛健』ってとこか……

 

この頃はまだ終身雇用が普通で、女は専業主婦で働く事は無く、男が家庭の収入全てを稼いで持ってくる……

家庭での役割の分業が残っていた頃

 

 

男にそれだけの生活能力があったって事で、女が料理が出来るのが当たり前。

 

男は長時間労働サービス残業パワハラも家族の為に耐え忍び……

『24時間戦えますか』などというのもあった様だ。

 

今もこの様に

『家族の生活と人生の全てを一人で背負って』いて、絶対に奥さんや子供に死ぬまで苦労をさせない。

子供が何人いても奨学金など借りさせず、自分の収入だけで大学まで卒業させる事が出来るなら

 

……そして、未婚でも上記を満たす生活能力があるのなら

 

   『番組の女の失敗を笑っても良い』

 

 

しかし……

収入が少ない、パワハラ長時間労働うつ病ニート、結婚しているのに奥さんを働かせないと生活が出来ない……彼女がいても収入が少なく結婚出来ない。

昭和でいうなら根性のない女の腐ったヤツ。

ましてそれらの理由で生活保護を受けている男が……

 

この様な番組を見て

 

   『女の失敗を笑いバカにする』のなら

 

男として生きている価値はない

この世から消えろ。

 

 

 

時代は移り変わり社会環境も変わった

 

男も女もそんな風に成りたくてなったワケではない………

 

 

昭和の残照みたいな生活を出来る人間は殆どいない。それが普通

だから男も女も不得意な事を公平に助け合うのが今の時代だ。

 

にもかかわらずこの様な番組が残るのは、未だに勘違いしている奴がいるからだ。


f:id:however-down:20190106231916j:image

 

しかし…男にくだらぬ幻想を抱かせるのは…

 

   『男に依存しようとするバカ女』

 

 

     いい加減、男に媚びずに生きろ

 

               情けない……