死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

何故、女だけが育休を取るの??

 

先週の土曜日

当社に出向しているお母さん顧問弁護士のプレプレ誕生日で………

 

 

4皇役員でオメガの懐中時計をプレゼント

注文していたラム酒たっぷりのフルーツタルトを夜中に5人で食べ…

 

 

総裁室に何故かある


f:id:however-down:20201108205820j:image

 

 

アブサンに火をつけて飲んだ

 

 

 

彼女が初めてウチの案件の担当になった時の事。

乱闘事件で、夜に専務が泣きながら電話を掛けてきた時の事。

その時、“長いもの”の使い方で行政の動きが変わった時の事。

 

 

そんな

私と後輩社長には耳が痛すぎる話など……

昔話で盛り上がった。

(勿論、皆第1ラボにお泊まり)

 

 

彼女の赤ちゃんも一緒

アレクちゃんがピッタリくっついて寝かせている。

 

その時

「なんで女だけが育休を取るんだか…」と彼女がボソッと言った。

 

 

 

彼女出向は、私達と弁護士事務所と彼女で完全な合意で決まった事。

 

 

お母さん弁護士は、総務局の特性故に収入もキャリアも自分の時間も…何も失う事も無く、

弁護士事務所は時間に融通が効かなくなる彼女の処遇を考えず、人件費削減も出来て且つ弁護士使用料金の20%を受け取る事ができ、

私達は発生する法律上の問題に、いつ何時も即、現地に弁護士を派遣出来る

 

 

しかしこんなの稀な事なんだよね、

女は子供を産んだら仕事が制限されてしまう

 

大概のガッツリ働きたい女性は、キャリアか?出産か?の選択を迫られる

 

 

ぶっちゃけ彼女も悩んでいたときにこの話があって飛び付いてる

 

「そうなんだ、でも何で?」

 

 

結構な数の民事訴訟があるし、遺族の遺産相続問題…

稀にトップ二人と麻理鈴が刑事問題を起こすもん!!

紅蓮と同じくらい凄い真っ赤に燃える

 

 

つまり…大好きな仕事を子育てしなから思う存分出来るって事だ

 

 

もう一人の若い出向お母さん顧問弁護士も同じ

(ウチには2人の弁護士が出向してきている)

 

 

 

でもね

こんな事を彼女達が云えるのは、2人共旦那より給料が高いからなんだよね

 

殆どの家庭はその反対。

 

 

男の育児休暇取得率は6~7%殆ど

 

“周りに気を使って”と、言うのもあるけど、旦那が育休取った時、20%殆ど下がる収入の穴埋めを奥さんがしなければ、かなり厳しい生活を強いられる。

 

奥さんの収入が低いなら最悪かも知れない

 

 

 これが子供が産まれる度に繰り返される

 

 

 

すると育休とった旦那にも

キャリアが途切れたり形成が遅くなったり、部署の移動や出向や転勤……

下手すりゃ会社に居づらくなって辞めたり

旦那の育児休暇取得は、最悪の結果になり得る訳で…

 

故に出産前後に必ず法令で休む女が、大昔の「女が子育てする」という風習を踏襲してしまうって事になる

 

大企業はどうか分からないけど、

終身雇用が無くなった今、これも少子化の一つの原因だね

 

 

人の考え方に社会がついて来れない

多分、テレワーク世代が管理職になるまで何も変わらない

 

 

   こんなんで子供を産みたいか?

 

 

ハァ~ァ

 さもありなんだな……