死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

幼稚園児と小学2年生に、甘栗の皮を剥かせるとパワハラなのか?

 

ウチの会社は霊魂や不思議な事など完全否定している割には…

小さな子供達がいるので日本の年中行事を結構真剣にやっていたりする。

 

 

昨日のお昼に専務がおはぎを作るのと、子供達の母親が音楽葬の演奏に出ていたので総務子会社へ子守に行ったら……



f:id:however-down:20180922144657j:image

 

お子ちゃま達がニャンコ達と『甘栗』を食べていたので


f:id:however-down:20180922144502j:image

 

私もニャンコ達の横に並んで『栗ちょーだい』と言って食べさせてもらっていたら、2部長がやって来て

『あぁ~総裁パワハラしてる~。皮は自分で剥かないとパワハラだよ』だって……Σ(・ω・ノ)ノ

 

 

以前にも書いたけれど、私は人の皮を剥いたりはがしたりするのは得意だけど

それ以外の果物の皮、カニやエビの殻とかを剥くのが面倒くさいからハンガーストライキをやって役員の女の子に剥いてもらう

 

 

仕方ないので財布の中に500円玉が2枚あったので1枚ずつ『お駄賃だよ~』と言って渡したら……奥から

 

    『ケチケチしないの!!』

 

と専務が言うので…千円つづ渡した…(o_ _)o

 

 

後からやって来る子供達にも何かやらせて千円ずつ配らないと後から揉める(;¬_¬)

 

しかも、私はこないだまで100円玉だったのにこれから1000円と言う前例を作ってしまったけど…まぁ、いいか…

 

みんなで食べる『専務のおはぎ』は私にとっては家庭の味。

 

園児の女の子は私の膝の上で美味しそうに食べてる…

こんな普通の時間こそが幸せなんだ気づく思うひと時だ……

     

    何時までも…何時までも…

      何時までも続け………