死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

『代金を先払いするから私の火葬も宜しく』…ばあちゃんのカルメ焼

 

初めてだけど…なんか…懐かしい味がした…

 

昨日の夕方前

遺族のおばあちゃんの家にドライアイスの補充と水曜日の直葬の打ち合わせに行ってきた。

 

亡くなったのは

おばあちゃんの54歳の息子さん…肺癌だそうた。

 

息子さんに奥さんと子供はいない。

 

このばあちゃんも私と同じ一人きりになった。

 

普通はバイトの女の子が自宅安置されている遺体のドライアイス補充を行うのだけど、

 

なんか心配になって私が行った…

 

話しを聞くと、お金がないからグループホームとかにも入らない。

 

そして…

 

『代金を先払いするから私の火葬も宜しく』

と頼まれた…

 

このばあちゃんは確実に孤独死する…

 

当社には葬儀を受注した遺族で、

連れ合いが亡くなり一人になった老人の相手をする

学生の就職活動の為に作ったボランティアクラブがある。

 

ボランティア活動開始以来、すでに四人の孤独死を死後二日以内で早期発見している。

 

このばあちゃんも訪問対象だ…

 

 

おばあちゃん…急に立ち上がって 

『お嬢ちゃん、カルメ焼食べるかい?息子にも作るから食べてって』… 

 

カルメ焼…私が知らない食べものだ…

 

味噌汁のオタマに砂糖と水と重曹を入れてコンロで温めて箸でクルクルしたら…

 

ブア~っと膨らんで固まった(☆。☆)(☆。☆)

 
f:id:however-down:20180501000034j:image

 

食べると…ただの砂糖なのに…なんか懐かしい…

 

私の両親は私が出来た為、駆け落ち同然で学生結婚をした

 

だから私は、自分の父方母方の両方の祖父母を知らない

 

生きているかも分からない………

 

自分のばあちゃんでもこんな事してくれたのだろうか………

 

     食べてたら…涙がでてきた…