死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

ゲロ同然の道徳

 

さっき……

一昨日の婆ちゃんと

      夜食を食べた

 

 

何処行ったのか…抜け殻しか居ない

 

あれから

気でも変わって、何か言って来るかと思ったけど何も言って来ない。

 

 

婆ちゃん、

まぁ…足下を見て、全ての施行に割増サービス料を附加して、既に代金が振り込まれている

 

 

後は私に全て任せな

立派な葬儀を出してあげる

 

 

     私には…そのチカラが在る

 

 

この喪主の様に、自分の立場と身の安全とが自分の母親より優先される……

この間の脳腫瘍で死んだ子供を、男の為に簡単に捨てた母親……

 

これからこんなのが多くなる

 

 

子供を捨てる母親など論外…………

 

 

私は…真のワイドショー民と言う

 


f:id:however-down:20200819225928j:image

 

 

“腐ったリンゴ”と云うものを初めて理解した

 

 

情報源は、新聞と新聞社系列のワイドショーだけ……

朝、新聞で見た偏りの在る情報を、ワイドショーを見る事で、何も考える事もなく、その情報が正論だと強固に錯覚し、

 

平社員のコメンテーターと同じ事を言ってると、自分は識者と勘違いし

更にワイドショーに植え付けられた不安から自粛警察、帰省警察などのクソ行動にでる

 

 

これ、一昨日の情報だけど


f:id:however-down:20200819235618j:image

 

「この日は、感染者数より回復者の方が多い。死んだ人は可哀想だけど41000人も助かって良かった」

 

なーんて言うと

 

15000人がまだ療養している、死者も出てるのに「不謹慎」だと周りに叩かれる

 

 

 

「死者が居るのに」

これを言ったヤツの意見を否定すると、否定した人間の人格を否定される

 

「命」を利用した腐ったニセ道徳者の同調圧力…ホントにズルいね

 

 

多分、あの婆ちゃんの息子も似たようなモノだ。

自ら誰かに腐った道徳を言っているのか?反対に純粋にイジメられるのが怖いのか……

 

 

じゃ無いと、葬儀にも出ないなんて言わない。

 

大体、自分の親が死んだんだ

ちゃんと葬式に出るか、婆ちゃんを地元まで搬送するのが当たり前だから

 

 

    あとは宜しくなんて考えられない

 

 

何者にも成れなかったヤツ……

何者にも成れないヤツが、何者かに成った気分になった時……

 

錯覚した自分を否定されるのを恐れたヤツらが集団で、否定したヤツを攻撃する。違った行動や考えのヤツを攻撃する

 

やっと出来た軟弱な「自己肯定感」を守る為に。それはクソ道徳集団の「同調圧力」となる

 

 

それは正義感とかじゃなく、感染する恐怖でもない

 

自分はクソで

社会から必要と為れない…価値の無い人間だと肯定される恐怖だけだ

 

 

 

  別に田舎者だけじゃない

      そこら辺に転がっている