死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

泣くな!!プロになるという事…ある薩摩おこじょの葬儀にて

 

『……亡くなる前…母は

…あなた達二人りきりになるのだから 

強く

明るく

そして誰よりも幸せに

 

私の葬式で泣いたらダメ。母さんは幸せいっぱいだったから明るく逝かせてね…

 

と言ったけど…

    約束……守れない………  』

 

 

昨日の葬式

喪主である娘さんの最期の挨拶

 

 

可哀想過ぎて…

2部長が涙を我慢しきれず司会続行不能になって、ピアノ演奏の為に同席していた私が司会を交代した。

 

 

お母さん達は、旦那と離婚して九州から親子3人で東京に出てきた。

 

乳がんで、皮膚転移の箇所から浸出液があり、凄い臭いと骨折もある。

そして、腕にはかなりの数のリストカットの跡があったそうで、

後輩社長が転移箇所と癌本体を復元処置とメイクで完全に消した。

 

画像を見ると、

復元施行前の体は、私でさえ見た事の無い…目を覆う状態

 

 

このお母さんは、自らを犠牲にして一人で娘さん二人を育て、ひとり立ちさせた『薩摩おこじょ

 

 

 

 

泣き止まない2部長に

 

あの親子3人の思い出を、美しくする義務がアンタにはある。行け!!

 

と怒鳴りつけ……火葬場に向かわせた。

 

 

 

 

最期の思い出は光る雪の様に美しく…


f:id:however-down:20181127223307j:image

 

『汚れっちまった悲しみに…』ではいけない

 

彼女には明確に義務がある。

 

 

 

 

姉妹だけになった換骨法要も終わり

2部長は最期の挨拶の中で

 

 

 

泣いて泣いて涙が尽きたなら……

立ち上がるしかもうないのです。

 

立ち上がってまた歩こう…

 

お母さんが行った事が無い遠くまで………

土の上に根を深くおろすまで…

 

それまで……どうか

 

耐えておくれ、わたしの涙腺よ!


負けて悔しい、花いちもんめ

悔しかったら、やればいいじゃん。

負けとったらいかんじゃん。…………

1リットルの涙からと、自分の言葉で姉妹を励まし三人でまた泣いて…

……私が代わった

 

 

 

 

こうやって人は慣れいく

 

 

 

そして…無門の関(無門関)を見極め

内外打成(ないげだじょう)の一欠片(ひとかけら)になる

 

 

   これがプロになるという事…だ