死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

アイドルやるなら国語を学べ!!

 

ウチが同業他社と差別化される点……

ボーカルがいたり、デスメタルバンドだったり……60人編成の管弦楽ブラスバンドで『音楽葬』を、更に一日に複数会場で行う事。

 

これらのメンバーは様々な芸大や藝大の学生やサークルからスカウトしたりオーディションを行ったり……

 

 

先日、そんな関係で……ある自称地下アイドルグループと仕方なく面会する機会があった………

 

彼女達は圧倒的に立場が違う芸能事務所(得体の知れない小さな事務所)に

『そんなもん、当たり前!』と丸め込まれて様々なものを搾取され続ける。

 

 

私と妊婦の顧問弁護士が会ったアイドル達も同じで給料は2万円くらいとか、無給の時もある。

 

最初は出演報酬は折半、その後契約更新で月給制、更に更新で折半となるそうで…

衣装代やレッスン代は全額自己負担で報酬から引かれる。

そんな説明は聞いていないと言っても契約書に書いてあると取り合ってくれないし、辞めると違約金が発生するかもと言われて辞めるに辞められない。

 

たまたま契約書を持ち歩いていた女の子が居たので見せて貰うと…本当にそう書いてあって、しかも、更新時期は事務所に決める権利がある

彼女達は読み合わせをしても、ちんぷんかんぷんで、契約書の内容が理解出来ないまま契約。

 

つまり、この貧乏くさい芸能事務所は……

どう読んでも乙側や丙側が不利益のある契約なのに……

 

彼女達や保護者や保証人は、契約書は難しいから絶対に読まない、読めない事を見越してサインさせている。

     

       つまり…確信犯だ

 

もし……彼女達に契約書の内容が理解出来たら…彼女達の親にも理解たなら、彼女達があらゆる事を搾取され続ける事もなかったかも知れない。

 

彼女達には契約自動更新の月に『合同労組(ユニオン)』に入って団体交渉する事を勧めたけれど

合同労組(ユニオン)の事も、書いてある内容も理解出来ない……

 

当然、搾取する芸能事務所が悪いのだが、彼女達や、彼女達の保護者の日本語読解力が殆どない事も問題なのだ。

 

 

私達だって他社と契約する時、必ず

 

当日には契約せず持ち帰る

必ず顧問弁護士を同席させて、私達に思い込みがないか意見させる。

絶対に口約束はしない。

 

契約とはそれ位重要な事なのだから。

 

彼女達には妊婦の顧問弁護士ちゃんがホワイトボードに判る様に書きながらユニオンの説明をしていた。

 

つわりで二回ほどゲロしに行ったけど……


f:id:however-down:20181109065003j:image

 

良いかな?……森の石松と同じだよ、

お馬鹿は騙されて奪われ、最後は捨てられるんだよ

国語や読解力を付ける為に本を読もうよ

 

契約や約束は面倒くさからずに良く考える事だね。

 

それでないと『馬鹿は死ななきゃ治らない』を地で行く事になるのです……

 

まぁ…労働組合を勧める経営者も変わっているけど………