死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

『世渡り』とは、まず私に果物の皮を剥く事

 

この時期……

西瓜、メロン、桃に匹敵する私の大好きな物が出回る。

 

      それは『柿』

 



f:id:however-down:20181011200848j:image

 

当然、干し柿も……

 

f:id:however-down:20181011191404j:image

 

昨日、総務子会社のお子ちゃま達への差し入れるおやつを買いに某スーパーに行ったら柿が売っていて

思わず大量に衝動買いしてしまった。

 

 

早速、誰かに皮を剥いてもらおう♪(´ε` )と子会社に行ったら…

 

私があまり知らない新しいバイトの女の子が2人がいて流石に…

 

       『皮剥いて、皮!』

 

      

とは、いくら高飛車な私でも言いづらい……

 

 

他に部屋には、お母さん社員の小学生の女の子がいて勉強していた…Σ(・ω・ノ)ノ

さすが両親が国立大学だけあって何か違う……

 

で………鬼(専務)はいない…(^^)v

なので今は彼女に必要な事は勉強では無いと思い

『知佳ちゃん、果物の皮の剥き方教えてあげようか?』と言ったら

『教えて』と言うので喜んで教えてあげた。

 

まず、私が剥いてあげて彼女に食べさせて、次に彼女が練習で剥いた柿を四つ食べた(^^)/

やっぱ柿は美味しい(=^..^=)

 

彼女にとっても、柿のおかげで果物の剥き方と

 

       『世渡り』

 

というものを学ぶ事が出来た良い日だ。

 

専務にバレたら絶対に怒られるから

『今日の事は絶対に怖いお姉ちゃん(専務)には内緒だよ』としっかり口止めし……

 

口止め料として…

日中あったイスラムの葬儀で余った甘~いデーツ(ナツメヤシ)を周りに内緒で食べさせて念押ししてたら……


f:id:however-down:20181012003152j:image

 

にゃんこ全員が私を見てた…ので…(+。+)

  皆にチュールあげてニャンコも口止め。

あとは、あの子のお母さんを口止めすれば完璧だ

 

これで皮を剥く人間が増えた(=^..^=)ミャー

 

私はやっぱり

誰かに剥いて貰う果物が美味しいのだ

 

 

今週のお題「最近おいしかったもの」