死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

お母さんニャンコは人が怖いのに『自分の子供達』の為に犠牲になる覚悟だった…2部長と親子ニャンコ

 

 

この間、営業2部部長の女の子が見つけた

『親子ニャンコ』が退院したそうだ。

 

 

彼女が路地を歩いていたらニャンコと目が合って…ついてこいって感じで一緒に行ったら……

自販機の影で子ニャンコ2匹が暑さでノビていたので……彼女の代わりに私を遺族の家に行かせた。

 

 

おかげで私は徹夜になった。

 

つまり、彼女は私の健康よりニャンコの健康を直ぐに選んだって事。Σ(・ω・ノ)ノ

 


f:id:however-down:20180731003714j:image

 

このお母さんニャンコは

本当は人が怖いのに『自分の子供達』の為に犠牲になる覚悟だった。

 

ごく稀に育児放棄は有るようだが……

人の様に母親が我が子を

 

イライラしてイジメて殺す……

男との生活の邪魔だから殺す……

男に虐待されているのに、男に嫌われたり、殴られるのが怖いから見ぬふりをして殺す……

 

そんな事は絶対無い。

 

子供を産んだり育てた事も無いくせに、生意気な事を言うな!

 

と言うヤツもいるけどこれは事実。

 

どんな事情があっても子供にその様な事をしては成らないからね……

 

 

猫の方が人より遥かに大人だ。

 

 

親子ニャンコ達はこれから2部長と一緒に暮らすそうだ。

 

幸せに………