死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

女性には社会性がない?男女区別と生産性

 

 

世の中には男女の明確な役割分担や区別があるそうだ。

 

杉田水脈議員に言わせて見れば

 

「性差による役割分担は神様がおつくりになったもので、人間がそれを否定することはできません」

 

ある夫婦ブロガー曰く

 

女性は感情重視、男性は理論重視であるとは一般的にも広く認知されている事実であり

それがゆえ男性には社会性がある、女性には社会性がないと断じて差し支えないだろう。

故に男女区別しなければ成らないのだそうだ。

 

 

 

杉田水脈議員曰く、LGBTは子供を作れないから生産性がないとの事

 

では、杉田議員は何人の子供を産んだのか?

彼女は女の子供一人しか産んではいない。

 

これで…この子が親の分を合わせて5人以上子供を産まなければ日本の生産性に全く貢献しない。

日本の人口が増えなければ生産性に寄与した事にはならないのだから…

 

結果的に生産性がないのだから出産に関する税金を無駄遣いしたワケ。

彼女の家庭用に支払われた税金は返金すべきだ。

 

 

まぁ、先のブロガー曰く…

国会議員でも『女は社会性がない』そうだから仕方ないね……

 

では、今の日本で男女分担や区別に杉田議員や先のブロガーが主張する区別はもはや通用しない。

 

区別する為の大前提である『終身雇用』は既に存在してはいないからだ。

 

男女区別は、男が働きに出て女が家事や子育てを行うのが1番抽象度の高い考えだ。

 

運良く一つの会社で順調に昇給して定年まで働けたのなら良いけれど…

バブル崩壊以降、終身雇用は崩壊して能力がない男は簡単にリストラさる。

 

年齢が高めの男が解雇されると、

殆ど生活が安定するだけの給料を貰える会社には就職など出来ない。

請負や非正規社員やアルバイトの安くて不安定な収入しかない。

子供の成長と共にお金がかかる。

男の給料だけでは足りないから女も働きに出ざるをえない……

 

これでは本来あるべき『男女の役割区別』が成り立たない。

 

この様な役割分担が出来ない男と結婚してしまうと、女は三人以上、子供を産む事なと出来ない。

 

結果、生産性に寄与出来ない家庭の子育てには支援は不要と言う事になる

 

 

私はこの様な世の中に成るために…

死体臭くて他人の不幸で生活するエタと言われ、金持ちになっても妬まれ、嫌味を20倍言われながら

一般的国民が生涯給料から支払う税金額を毎年毎年支払っているワケではない。

 

この様な議員の給料に私が支払った税金か使われるのは情けないし空しい……

 


f:id:however-down:20180725080703j:image

 

この…

ネトウヨみたいなおばさん議員こそ……

生産性に寄与しない。早く残りの2人を産めよ!

 

まぁ、私も一応女性で…

感情重視で社会性がないからこの様に思うと言う事だけどね…

 

だから生産性のない団体などに寄付や援助を辞めて自社社員の幸せの為だけ考えても

社会性がないのだから許されるでしょう。

 

今月で援助をやめるかな………

 

子育て社員が喜びそうだ