死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

ワンコとニャンコの遺体…豪雨災害と、まだ無力の私

 

 

哀しい哉(かな) 哀しい哉(かな)

哀れが中の哀れなり

 

悲しい哉 悲しい哉

悲しみが中の悲しみなり

 

哀しい哉 哀しい哉 復(また)哀しい哉

悲しい哉 悲しい哉 重ねて悲しい哉

 

悟りを開けば この世の悲しみ驚きはすべて迷いが生み出す幻にすぎないことはわかっています

それでも あなたとの別れには 涙を流さずにはいられません

 

 

これは空海が亡くなった弟子の智泉に送った達嚫(たっしん)の文。

 

 

 

昨日、車の中で「西日本の豪雨災害」のニュースをやっていた。

亡くなった人は勿論、気の毒としか言う言葉がないけど……

 

 

何も出来ない私の願い……

 

まだ、行方不明の人達を早く見つけてあげて欲しい……

 

私の東日本震災の記憶とダブって…

発見が遅れた遺体を、遺族が見た時の光景が目に浮かんでしまう……

 

人は故人の最後に見た姿を記憶するから……

 

 

 

でも……

先ほどの空海の達嚫文は亡くなった人達へ…では無い……

 

 

洪水や土砂崩れ、崖崩れに巻き込まれて死んでしまったペット達や野ネコ達の為…

 
f:id:however-down:20180711222542j:image

 

震災の時の様に

  野ざらしになっているんだろうな……

 

 

私の感情も夢幻だけど

     悲しいものは悲しい……

 

 

寄付なんて当たり前の事………

震災の時より私が出来る事は、かなり大きくなったけど……

出来る事は……まだ小さかった

 

私も…無力者の一人だった……

 

もっと力が欲しい……

     もっと、もっと、もっと