死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

私は他の人と違う。日大アメフト部の反則行為に対する私の見解

日大アメフトの件、緊急会見の後も様々な意見が出ている。

殆どの声は反則行為の部員を擁護する意見だが、私は違う。

 

昨日、『危機管理と組織防衛について』

当社の役員の女の子達と会議を行った。

 

そして反則行為を行った選手は

全員、『退学処分』が妥当という意見だった

 

ポイントは…何故、反則行為を行ったのか?

 

昨日、日大アメフト部の反則の事を書いた。

 

 

however-down.hatenablog.com

 

 

顔出し記者会見を行った反則行為を行った選手には

日本人特有の感情……

 

        判官びいき

 

の法則が働き、様々な同情が集まって彼の社会的名誉は図らずも回復されてきている。

 

あの監督は、

本当に言葉の裏に隠されている意味合いで言ったか

どうせコイツには出来ないだろうと思って言った…

 

しかし選手が額面通りに受け取り、それを実行してしまった。

 

本来ならその場で厳重注意するワケだが…

『つぶせ』と発言している手前、その場では何も言う事が出来ない、

 

だから殆ど声をかける事なく下がらせた。

 

いわば、この低脳監督はこの時点で犯した大きな二つの失敗の責任を取らざるを得なくなり、

 

大学の思惑通り……監督はヤリ玉に上がる。

 

 

そしてこの反則選手の会見後に日大広報部からのあの文章が出ると…

 

 

監督は自分の保身の為に、隠れてなかなか表に出て来ず、自分だけに責任は無いと言う卑怯者。

 

そして文章が出る前に辞任して逃げたと社会的に受け取られ

 

当然、社会の猛反感をかう… 

最終仕上げに夜の緊急記者会見を慌ててさせる事により………監督と反則行為の部員側であるアメフト部員全員の意見は食い違い…

 

世間では……

諸悪の根源は全てあの監督という事になって

 

大学は思惑通りアメフト部の選手達とアメフト内部の悪習という腐った伝統から目を逸らす事に成功した。

 


f:id:however-down:20180523225830j:image

 

 

どうせ監督だけではない

他の選手達もパワハラの被害者であり加害者行為も当然やってる。それが伝統だからね。

バレると廃部になってしまう事象は幾らでもある。

他の部に飛び火する可能性だってある。

 

これが露呈しない様に監督だけが

 

       『贖罪の山羊』

 

       にされてしまった。

 



f:id:however-down:20180523225921j:image

 

 

被害者側の関西学院大学にだって似たようなパワハラが必ず存在している。

 

『伝統』などと言われるものが存在するこれら運動部の集団の伝統はパワハラの上に成り立つ古臭い汚物に等しい。

 

何を言う!自分はその伝統で人間関係や人として大切なものを学んだんだ!

と言う人もいるが……

 

そんな伝統でないと学べない低脳の証明だ。

 

違うのなら

ウチの役員の女の子が私にするように…

先輩に面と向かってあだ名で呼び捨てして、タメ口で話してみな……

そして正面から先輩や上司の意見を全否定できてから言いな。

 

こんな環境で人間関係を学んだ人間が就職先のパワハラを助長する。

過度の敬いは普通の人間を

   『自分は年上で先輩で偉い!』

と錯覚させるからだ

 

 

当然、

反則行為、不正行為などさせない。

行った直後から誠意をもった謝罪と対応をする事が理想だ。

 

しかし……

今回、その様な対応をした場合どの様な影響が出ただろうか?

 

会見での追求質問で、監督、コーチのみならず

アメフト部として部員全員の姿勢、大学の姿勢を報道の仕方次第で如何様にでも問われる事になる。

 

話は日本大学全体の方針や、それこそ伝統にまで広がってしまう事が懸念される。

 

日大には危機管理の学部があるのに何をやってるのだ!!

とテレビで言ってるコメンテーターがいたけど…

 

同調圧力で腹の中と違う事を言っているなら良いが…

 

誠意をもった謝罪と対応が危機管理とホントに思っているなら日本の論壇界も終了したも同然だ。

 

 

 

今回の件は、何処かの会社ぐるみの不正行為を組織防衛したわけではない。

この場合、会社全体に後ろめたさがあるから必ず綻びが出て失敗する

 

 

様々な個人的な思惑はあったにせよ

結果的に大学全体のイメージダウンを最小限に留め、

学生全体の立場を守る事が出来たのだ。

 

 

 

これから監督とコーチ、反則行為の学生に社会的責任を取る事になる。

 

刑事責任はともかく……

 

大学関係者としての責任はきっちりとらなければならない。

 

監督は依願退職

反則行為の部員は退学処分が妥当だ。

 

様々な圧力があり実行せざるを得ない状況と世間は言うが…

たまたまあの程度の怪我で済んだけど、下手をすると半身不随になったり最悪死亡する様な行為。

 

自ら会見に出た事と、試合で行った事とは何の関係もない

 

自分を試合に使ってもらいたくて行った

自分勝手な行為。

 

カヌー選手のドーピング事件の犯人より罪は重い。

 

今回の件で1番責任が重いのは監督とコーチではない。

 

反則行為を実行した部員なのだ

 

何故なら…

彼が監督に言わたとしても、反則行為を行わなければ怪我人は出なかったし

 

最悪、本人が試合に出れなくなるだけ

 

彼は監督に言われた事を大学の

 

      『人権救済委員会』

 

に報告と相談をすべきだったのだ。

 

  『そんな事、出来るワケないだろ?』

 

そんなだから1番責任が重いのですよ。

 

相談しなかったから相手に怪我をさせて日大の看板に泥を塗ったのだ。

 

今のままなら『女の腐ったヤツ』と言われる。

 

 

例えば…………

『アイツを半身不随にさせなかったらクビにする

そう言われたからやりました。

僕は言い返せる立場ではないし、言われた事をやらねばクビになるからアイツを半身不随にしました』

 

こんな論を通す事は

断固としてできるものではない

 

 

これからは少しの勇気と先見性を持って欲しい…と私は思う。