死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

『あまの岩戸事件』の神々が見せた『無償の愛』…子会社の日誌

子会社の日誌…

 

まだこの世には『無償の愛』が存在している

 

以前、当社の直轄子会社の1つに赤ちゃんとニャンコが4匹いる事を書いた。

 

however-down.hatenablog.com

 

男の子ニャンコ2匹は

カラオ君
コヤネ君

 

女の子ニャンコ2匹は

トダマちゃん
ウズメちゃん

 

彼らニャンコは、引き取り手がなかった孤独死したじいちゃんのニャンコ。

 

名前が分からなかったので『あまのいわと事件』に出てくる神の名前が付いている。

因みにこの時、文鳥はトコヨちゃんに改名された(とこよの長鳴き鶏)

 

そして…この赤ちゃんの名前は『ひかり』ちゃん

天照大神からつけられた名前…

 

 

昨日の早朝にお母さんが音楽葬の演奏に行っていた時、ひかりちゃんが高い熱を出した。

 

と言っても…赤ちゃんはこの子で四人目…

突発性発疹みたい…

 

回送中でたまたま子会社に駐車していた

リンカーンリムジンの霊柩車で子会社の女の子が、病院の救急センターに連れていったら……

 

やっぱり突発性発疹

 

ウチで過ごしている赤ちゃんは、外部との接触が多いからか他の子よりも早く罹る。

 

病院から帰って来ると…ウズメちゃんが玄関から動かないで心配して待っていたそうだ。

 

 

赤ちゃんの『ひかり』ちゃんと『ウズメ』ちゃんは大の仲良し。

朝、ひかりちゃんがお母さんと出社すると、ベビーベッドのひかりちゃんから離れなくてなる。

 

ウズメちゃんの姿が見えないとひかりちゃんも機嫌がよくない。

 

朝、ひかりちゃんの様子がおかしいのを最初に気付いたのはウズメちゃん。

 

いつも香箱座りで見守るのに、座ったまま子会社の女の子の顔をチラチラ見て鳴いて呼んたそうだ。

 

病院から戻ると離れようとしない。

 

お母さんが音楽葬から戻って来て、自宅に赤ちゃんと帰ろうとすると

 

ビックリするほどの声で鳴いて後を付いて行ったそう……

 

ひかりちゃんも泣き出したので…

トイレと猫缶とチャオチュール持って、ウズメちゃんを連れて帰ったとの事。

 

先ほど私が電話したら…ご飯とお水を飲む時以外、ずーっと一緒に寝て居るみたい。

 

子供の頃、私も父や母にたくさん無償の愛をもらっていた

 

  『ただ好きだから…ただ一緒に居たい…』

 

こんな感情…いつ私は捨てたのだろうか…

 

f:id:however-down:20180422203836j:image

 

彼女に今の『純粋に大好き!』という感情を…

 

みんなから愛されている事を…

 

私の様に忘却の彼方へ追いやらず

健やかに大人になって欲しいと心から願った…