死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

『ニャンコ大明神』と王子さまとキツネの会話

今週のお題「自己紹介」私の会社の事。


当社には…

生きてるニャンコ4匹

文鳥1羽

そして…
死んで『ニャンコ大明神』になった1匹。

彼が当社に住み着いた最初の一匹。


今年の1月の中頃、

夜、私が本部で復元施行の休憩していたら

ウチの常務の女の子が
車に轢かれて死んでいたニャンコを

自分のコートに包んで血まみれになって連れてきた。


『まさか…アンタが轢いたの?』

と思ったけど、


かなり冷たくなって腰から下がペッチャンコ…

お腹の中のナニも出ていて…


彼女曰く…みんな見て見ぬ振りして通り過ぎて行くから可哀想で連れてきた。

しかも街の外れから…


私も震災での放置されガラスに啄まれていたペット達を思い出し…


孤独死で半ミイラになってるばあちゃんの復元を放り投げて…

ニャンコの潰れたお腹を何とか元通りにして
表情も直しキレイにした。


その場に居た役員の女の子と学生社員の子で

赤ちゃん用のバスケットタイプの棺に納め、ドライアイスとお花とお水、コンビニで買ってきた猫缶を開けて中に納めた。

たまたま土曜日だった為、月曜日に市役所に引き取ってもらう事にした。


翌日、別の復元所から戻ると…


ドライアイスが、バスケットの花、猫缶がちゃんと交換されていて

更に新しく猫の玩具が大量に入っていた。


話を聞いた子達がみんなでお世話をしたみたい。


そして月曜日…

昼過ぎに本部施行室に行ったら、駐車場に見慣れぬワゴン車が止まっていて、

中に入るとペットの葬儀社(=^..^=)ミャーが
いた( ̄△ ̄)

『やっぱりただ役所に渡すのは、どんな扱い方されるか判らないから可哀想。なのでペットの葬儀屋さん呼んじゃった~(^^)/』

との事。


なんと言うか…

いつもとやっている事か反対で変な気分になったね…

移動火葬車で火葬も終わり…

骨壺が可愛くない!とみんなが騒いで…


招きネコの貯金箱に遺骨を納め直した。


以来…みんなが服を着せたり、アクセサリーを掛けたり付けたり…

いつの間にかにニャンコ大明神と呼ばれて、みんなの机上のど真ん中に鎮座している。



サンテグジュペリ星の王子さまの中で

キツネと王子さまがこんな話をしている



「めんどうみた相手には、
君はいつまでも責任があるんだ」 

「飼いならしたものには、いつも、
きみは責任がある。
きみは、きみのバラの花に責任がある」

「一度、誰かを飼いならしたら、
いつまでもその人との関係を
大切にしなくちゃね。」

『仲良くなったら』を『飼いならす』と表現している。


これは自然に仲良くなったのではなく

関わりあって、関係を維持する為に努力すると言う事。


常務が大明神ニャンコを連れてきて…

私や職員が関係性をより深めた。


私を始め、当社の職員は

    『死を迎えた者』と

強い関係性を持つ。


だからこそ死者が万感の想いで
この世界からかの世界に向かえる
様な葬儀を執り行うのは

私達 葬儀社の義務だ。