死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

150㎝のロリポップ VS 170㎝の平たい顔族

今週のお題「自己紹介」私の会社の事

当社は…
葬儀秩序を乱す者は如何なる立場であってもお引き取り頂く。

一日で直葬から自宅葬、大規模葬、音楽葬を10施行以上 受注すると月に数件は遺族や参列者のトラブルがある。


先ほど葬儀受付主任から連絡があり

本日の故人が外国人の前夜祭(クリスチャン、参列者の70%以上が外国人)の開始前に葬儀受付で

日本の隣…
半島夫婦の参列者が、黒人家族の参列者の前に割り込み


『お前ら黒人が私達の前に立つな!どけろ!』と

黒人家族を押しのけ、遺族の制止を無視して罵り続けたそうだ(-_-#)


この葬儀の総号令は21歳の学生常務取締役。


とっさに半島人の前に立ちはだかり

『当斎場では一切の差別は許さない。
       今すぐ斎場から出て行け!』と

言い放ったそうだ。

※当然この時、会話に使用した言語は英語


騒ぎを聞きつけた当社のガードマン2人が敷地外に追い出したとの事。


その後、常務は腰がヌケけて立てなくなったみたい(◎-◎;)



外国人が多数訪れる葬儀はこの様な差別的な問題が起こる事がある。  


しかし…今日みたいな黄色人種が黒人に差別をするのは初めてだった。


ロビーなどて問題を起こすのは圧倒的に中国人、韓国人の参列者…
(在日ではなく日本勤務の人間)


私達は

遺族に抵抗してでも遺体.故人の尊敬を守る。

常務に連絡したら

『怖かった~………』って…

そりゃ怖いって…

常務には
『無理しないでガードマンを呼びな』と言ったけど…

彼女は150㎝以下のロリポップ。敵は170㎝以上の平たい顔族だ。

蛮勇で危険だったけど褒めてあげたい。

『よくやった!』

当社は若い女の子達の会社だ。

だけど…私達は誰よりも強い!!