死体を愛する小娘社長の日記

小娘の葬儀社社長の私が謙遜.誇大などせず、本心だけストレートに書く日記。社会 時事・各種宗教・社会哲学・古典・日々の出来事など

『何故、孫が死んで、オマエは生きてるんだ!!』

今週のお題「自己紹介」


あなたは『生』の喜びを実感した事ありますか?



私が一人で納棺師を始めた頃…

自宅に安置された遺体の納棺に訪問した。

亡くなったのは19歳の女の子…凄い可愛い女の子

抗がん剤の副作用で髪が無いとの事でウィッグを着けて…

遺族からの希望で白装束ではなく

彼女成人式で着るはずだった

『真っ赤な振り袖』

を着付けした……


表情を直し、最後にメイクをしていたら…

向かい側にいた故人のじいちゃんが、急に立ち上がって私の胸ぐらを掴み


『何で孫が死んで、オマエは生きてるんだ!!』


と投げ飛ばされた。


しかも…私は体重が40㎏ないので、かなり遠くまで…(--#)

じいちゃんは皆に抑えられて席を外し…何とか納棺の儀を終わる事が出来た。


帰り道、ぶつかった所が痛いし…運転しながら


『あのクソジジイ!オマエも死ねや!!』


とか運転しながら言っていた時、ふっと…


『あの子は死んだけど…
      アタシ生きてるじゃん(^з^)-☆』

ホントに突然閃いた…


そう気付いたら自然に笑いが込み上げてきて、運転しながらニヤニヤ 一人で笑っていた…

横に並んだドライバーが変な顔して見てた。

私はその時

自分が『生きてる』事を始めて実感した。


様々な悩み、哀しみ、失敗などで、
    自分は不幸だと思っているあなた…


朝目が覚めた・今日もご飯が美味しいタバコが旨い
・泣いた笑った…


あなたの足元にも生きていると実感できるものはある。

そして…

今、『生きているだけで幸せ』なのですよ。